アイドルグループBiSが「全裸ダイブ」をさせられそうになった? こんな命令アリ?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月1日 18時6分

写真

関連画像

スクール水着によるライブやミュージックビデオのヌード映像など、過激なパフォーマンスで知られるアイドルグループ「BiS(ビス)」が2月中旬、解散発表直前のライブで「全裸ダイブ」をさせられそうになったと明かし、議論を呼んでいる。

メンバーのツイッターなどによると、同行していたミュージックビデオの映像ディレクターから、話題作りのために「今日のライブで全裸で(観客フロアに)ダイブしてほしい」と言われたのだという。この、あまりにも非常識な申し出に対して、メンバーたちは断固として拒否したそうだ。

それでは、もし仮に、事務所が所属タレントに対して、こんな非常識な「命令」を出したとしたら、タレントはそれに従わなければならないのだろうか。芸能関係の法律問題にくわしい太田純弁護士に聞いた。

●そんな命令に従う義務はない

「アーティストがライブ演奏中などに全裸になって騒がれるのは、古くからある話です。最近でも芸人さんが某収録において裸になり、公然わいせつの嫌疑をかけられたとの噂を耳にしました。

ただ、こうしたケースの多くは、現場の高揚感から、アーティスト自身が主体的に行動した結果でしょう。所属事務所がタレントにそういった行為をさせたのとは違います」

太田弁護士はこのように指摘する。所属事務所は、さまざまな仕事上の命令をタレントに出しているように思えるが、こうした命令もあり得るのだろうか。

「一般的に、タレントと所属事務所は、マネジメント契約を締結しておりますが、契約書は通常、著作権や商品化権などの権利の帰属や、収益配分の基本合意を定めてあるにすぎません。

ひとつひとつの公演のあり方についてまで、契約段階で細かく規定することは困難だからです。

したがって、各公演の演出内容は、その都度、関係者間の事前の合意で具体的に定まるのが、通常の形態です」

それでは、事前の合意でそういった過激な「演出」が定められたとすれば、タレントには従う義務が生じるのだろうか?

「仮にですが、所属事務所とタレントが、『公然わいせつとして刑事罰の対象となるようなパフォーマンス』をすると事前に合意していたとしても、そのような合意は公序良俗に反し、無効とされるでしょう(民法90条)。

したがって、義務は生じません。

そのような義務付けを、マネジメント契約から根拠づけることは困難で、事務所がそれを強要すれば、逆に契約に付随する安全配慮義務に反するか、または人格権の問題として、事務所側が慰謝料請求を受ける可能性もあります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング