「現在の司法に人々は失望している」 元裁判官が指摘する「訴訟減少」のワケ

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月3日 0時5分

写真

関連画像

約30年間の裁判官としての経験をもとに、日本の裁判所の「暗部」を鋭く批判する書籍『絶望の裁判所』を著した瀬木比呂志氏が2月27日、外国特派員協会で記者会見した。そこでスピーチした内容は、弁護士ドットコムが同月28日に配信した記事(「適正な裁判や当事者の権利は二の次」 元裁判官が最高裁の「人事支配」を厳しく批判)の通りだ。ここでは、スピーチに続いておこなわれた、さまざまなメディアの記者との質疑応答を紹介する。

質疑応答のなかで、瀬木氏は、裁判所に提起される事件の数が減少傾向にあることを指摘。その背景について、「現在の司法に対する人々の失望が感じられる」と述べ、「日本の司法全体をリフォームする必要がある。そうしなければ、本当に提起されるべき訴訟も、人々は提起しない」と語った。

そのほか、日本の刑事司法が抱える課題や裁判官の能力低下の問題などについて、自らの見解を明らかにした。

●「法の支配」が浸透していない日本の裁判システム

――あなたの裁判官としてのキャリアのなかで、最も厳しい判断となった裁判はなんだったでしょうか?

瀬木 「2つの事件があります。1つは、沖縄・嘉手納基地の騒音公害訴訟判決です。この判決については、私はそのとき、直前に出た最高裁判決に従ったのですが、その後、長い間、そのことに疑問を抱きました。それは、私が(法学者としての)研究に打ち込む1つのきっかけになりました。そのようなケースについての私の見解は、書物(『絶望の裁判所』)の中で述べています。

もう1つのケースは、私が和解を勧めた事件です。(自動車と少年の交通事故で)被害者の中学生の少年は『自分の対面の信号は青だった』と述べていましたが、彼をはねた自動車の運転手も『自分の対面の信号は青だった』と述べている事案でした。

私はその事件について、強く和解を勧めたのですが、少年の失望を買いました。そのことは、私が和解について反省する大きなきっかけとなりました」

――あなたは日本の司法制度が、不透明で気まぐれで、効果的なものとは言えず、「デュー・プロセス(適正手続の原則)」よりもヒエラルキーや前例が重視される、と言っていますね?

瀬木 「日本の裁判システムは、ある意味で非常に効率的であり、機能的です。ただ、『デュー・プロセス』の考え方や『法の支配』の考え方が浸透しているかといえば、そうではないということです」

●最高裁判例には「一枚岩」的な雰囲気がある

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング