やり直しを決めた夫婦、経営難の商店「手作りマスク」で奇跡の打開…コロナ禍、読者の物語

弁護士ドットコムニュース / 2021年2月20日 8時27分

写真

関連画像

感染者は減少傾向にあるとはいえ、まだまだ先も見えず大変なコロナ禍。そんな中でも、ハッピーな出来事は起こっています。

弁護士ドットコムニュースのLINE登録者に「コロナ禍で起きたハッピーな出来事」について呼びかけたところ、心がほっこりするエピソードがたくさん寄せられました。一部を紹介します。

●コンビニ店員の対応に涙

北海道に住む介護士の女性(50代)は、マスクが品薄だった2020年春ごろ、とあるコンビニ店員の対応に涙が出たと言います。

「毎日出勤途中に寄るコンビニの若い男の子。顔見知りになり挨拶を交わすようになりました。介護士の私は時間が不規則なので昨日は来なかったとか親しく話すようになりました。

ある日のこと。 『お仕事なにしてるんですか?』 『私介護士なんです』 『マスクありますか?』 『全然買えなくて洗って使ってます』 『今入荷しました。いくつ欲しいですか?』 『1人一つですよね?一つ欲しいです』 『現場で頑張る人に買って欲しいんです』 『…ありがとう』

涙が出てきました。春先のマスクのない時期のお話です。その後入荷するとこっそり取っておいてくれた若い男の子。今でもそのコンビニは毎日利用しています」

自粛期間中に宅配を利用する人も増えましたが、都内在住の50代女性は、配達員の心配りに感動したそうです。

「昨年のことです。いつものようにネット購入したミネラルウォーターを玄関前に置いてもらえるように伝えました。

しばらくして玄関へ取りに行くと段ボールに付箋が付いてました。見ると『とても重いのでお気をつけくださいませ』とありました。

ヤマト便の方々はいつも丁寧ですがこれまでにそのようなことはなく嬉しく感動したことを覚えています」

●お互いに忘れていた思いやりを大切に

家族関係に変化があらわれた人も。都内在住の女性は、夫と大喧嘩し離婚の話まで出たものの、2人でよく話し合い仲直りしたそうです。

「喧嘩がエスカレートして離婚まで思い詰め、別居まで決めようとした時、離婚の話をしました。

すると泣きながら『それで君が幸せならわかった』と言った主人。私が結婚指輪を返すとき『今までありがとう。私はあなたを苦しめたくないから別れる。寂しい時はこの指輪を見て私を思い出して』と言ったら、結局二人とも泣いてしまいもう一度やり直せないか話し合いました。

生活が苦しい話、ストレスを感じた態度、お互いを思いやりを忘れてた事も気づきました。お互いに忘れていた思いやりを大切にして、仲直りして無事、今に至ります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング