1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

既婚者と隠され「不倫」してしまった「アラサー女子」…もらえる慰謝料の金額は?

弁護士ドットコムニュース / 2021年3月19日 21時19分

写真

関連画像

恋人だと思っていた相手は既婚者、私は「不倫相手」だったーー。不届き者の男性による被害は、珍しくありません。

東京都内在住の会社員・トモコ(20代後半)さんも、そんな被害者の一人。既婚者であることを隠していた男性に対して、別れて数カ月が経った今も憤り、ペナルティーを与えたいと考えています。

●「付き合おう」などの言葉はなかったけれど…

トモコさんは、その男性(30代)とはSNSで知り合いました。共通の趣味で意気投合したことから、自然な流れで、食事に行き、交際が始まります。「付き合おう」などの言葉はありませんでしたが、デートや肉体関係もあったので、恋人だと思っていました。ただ、次第に「あれ?」と違和感を覚えます。

「私の自宅に来ても絶対に泊まらないし、独り暮らしのはずなのに、彼の家に行かせてくれなかったんです。ひょっとしたら、と思って、彼のfacebookアカウントを探し出してみたら、『義理の父』とのエピソードを投稿していたんです」(トモコさん)

そこで、次に会ったとき、「結婚しているよね?」と問いただしました。彼の反応は、トモコさんの予想を裏切るものでした。

「彼は『厳密に言うと、していない』と、意味不明な返答をしてきたのです。小さな子どもがいることは認めましたが、『夫婦関係が悪化して、妻は実家に戻っている。だから、厳密に言えば結婚していないし、厳密に言えば一人暮らし』と支離滅裂なことを言っていました」(トモコさん)

さらに、「『君とは体の相性がいいから別れたくない。最悪、気の合う友達として関わり続けるだけでもいい。話し相手でいてほしい』とぬけぬけと言いました」。呆れ果て、その日、関係を終わらせることを決めました。

トモコさんは今、「結婚していることを隠されていたことと、知らない間に自分が不倫に加担させられていたことの2つに腹が立ちます」。

このような場合、彼に、法的措置をとることはできないのでしょうか。男女トラブルに詳しい氏家信彦弁護士の解説をお届けします。

●慰謝料を請求できるが、妻から請求される可能性も

ーートモコさんは、男性に対して法的措置をとることはできるのでしょうか。

トモコさんは、男性に対して慰謝料を請求することができますが、同時に、男性の妻から慰謝料を請求されてしまう可能性もあります。

一般的に、女性(このケースのトモコさん)が、妻のいる男性と肉体関係を持つことは、男性の妻に対し、2人で共同して精神的損害を与えることになります。損害を与えられた妻は、夫と女性の両者に対し、慰謝料を請求することができます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング