1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

自衛隊不祥事の実態…スパイに情報流出、副業で風俗経営 他の公務員より「処分」は多い?

弁護士ドットコムニュース / 2021年5月4日 9時11分

写真

関連画像

台風や地震での災害対処や国境を侵す船舶や航空機への対処など、自衛隊の活躍を国民がニュースで見ることが多くなりました。しかし、その一方で、自衛隊の不祥事についても記事で見かけることが多くなっています。こうした自衛隊の不祥事の現状はどうなっているのでしょうか。(ライター・オダサダオ)

●具体的な事例にみる「不祥事」

まずは、様々な不祥事を振り返ってみましょう。

①保険金詐欺から風俗営業まで

2013年6月に三井住友海上火災保険から防衛大学校医務室に対して、防衛大学校の学生が入院した等と偽って保険金を騙し取ったことが発覚し、自衛隊の警察にあたる「警務隊」によって詐欺容疑で書類送検されました。これは、10万円未満の保険金受取時には、診断書が必要とされないことを悪用し、記載事項を改竄した受信カードを偽造し、金を詐取していたというものです。

警務隊が調べるうちに、容疑者たちはこの方法を先輩から教わったと供述しました。この問題は在校生だけでなく、防衛大学校の卒業生をも巻き込んだ組織的な犯行であることが明らかになってきます。結局、学生13人が退校処分(送検された10人は全員起訴猶予処分)、防衛大学校在籍時に関与していた三等海尉2人、三等空尉2人が懲戒免職となり、任官拒否して民間企業に就職していた1人が書類送検されました。

その他にも様々な事件があります。変わった事件では、2020年8月に男性海上自衛官1人が岡山県の玉野海上保安部に逮捕されました。この自衛官は、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」からゴムボートを持ち出し、同僚2人と海釣りを楽しんでいるところでした。彼は、免許を持っておらず、同僚たちも免許を持っていませんでした。しかも、ボートも公務以外での運航時に必要な検査を受けてなかったのです。

また、2020年4月には、海上自衛官の一等海佐の男性が無店舗型の風俗店を営業していることが、「週刊文春」で報じられました。この1等海佐は、2010年から、妻名義で派遣型風俗店を経営し、自ら女性に性的サービスを行うなどしていました。これは、兼業違反です。また、彼が懇意となった女性に対して、艦長を務めている艦船の入出港などの情報を漏洩し、情報保全に関する違反も行っていました。護衛艦隊司令部付に異動し。事実上の更迭となりました。当時の河野太郎防衛大臣は衆議院予算委員会で陳謝するという事態に発展しています。

次は、スパイへの情報流出事件です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング