若者が次々と死亡している「一気飲みゲーム」 ネットであおる行為は「犯罪」か?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月25日 15時40分

写真

関連画像

アルコール度数の高い酒や、金魚などを入れたゲテモノ酒を一気飲みして、その様子を動画サイトなどにアップする――。そんな狂気のゲーム「ネックノミネーション」が、ヨーロッパの若者の間で広がっている。

ネックノミネーションとは、一気飲み(ネック)して、指名する(ノミネーション)という意味。一気飲みの動画を投稿した人が、SNSなど公開の場で次の挑戦者を指名し、ゲームが続いていく仕組みだ。CNNの報道によると、このゲームに参加して、急性アルコール中毒に陥る若者が続出しており、少なくとも5人が死亡しているという。

こうした危険な一気飲みをあおって、せきたてる行為は、犯罪に問われないのだろうか。また、リアルな飲み会であおるのと、SNSを通じてあおるのでは、なにか違いがあるのだろうか。飲酒強要で死亡した大学生の裁判にかかわった経験をもつ井口寛司弁護士に聞いた。

●一気飲みのせきたては「強要罪」にあたりうる

「コップの中で生きている金魚やゲテモノをアルコール飲料に混ぜて飲ませるという行為は、強要罪(刑法223条)にあたる可能性があります。

ただし、強要罪が成立するためには、『生命、身体、自由、名誉もしくは財産に対して害を加えることを告知して脅迫』したり、『暴行』したりして、そのような酒を飲むように仕向けることが必要です」

このように井口弁護士は説明する。また、体調を崩させる故意があり、本来は食べられないものを酒に混ぜて飲ませ、飲んだ人の体調が悪化するなどした場合は、傷害罪(刑法204条)に該当する可能性もあるという。

「さらに、上下関係や伝統、はやしたて、罰ゲームなど心理的な圧力が加わる飲み会で、ある人を飲まざるをえない状況に陥らせることは、立派なアルコールハラスメントといえます。

犯罪とはいえないとしても、『飲酒の強要』にあたるとされます。この場合は、不法行為に基づく損害賠償責任を負担しなければならないでしょう」

●SNSであおった場合でも、罪に問われる可能性がある

リアルな飲み会で一気飲みを強要すれば、犯罪になってしまう可能性があるということだが、インターネットのSNSや動画サイトを通じて、一気飲みをあおった場合も同じ扱いになるのだろうか。

「現場での直接的なあおりではなく、SNSなどを通じてあおった場合も、故意のほか、その他の要件が整えば、SNSといえども犯罪が成立しないとはいいきれません」

井口弁護士はこう答える。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング