1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

池袋暴走で実刑判決、遺族「涙が出てしまった」「私たちを苦しめる控訴しないで」

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月2日 19時10分

写真

関連画像

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(当時3)が死亡した事故で、東京地裁(下津健司裁判長)は9月2日、被告人の男性(90)を禁錮5年(求刑7年)の実刑判決とした。

裁判所は、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われ、一貫して無罪を主張してきた男性の過失を認めた。

「素人ながら、どう考えても踏み間違えだろうと思ったが、認定するのは裁判所。踏み間違えと認定してくれたのは、良かったというか、まあそうだろうなと。その、『そうだろうなあ』と思うことに2年4カ月かかった」

事故で最愛の家族を失った松永拓也さんは、会見の場で、事故から判決までの期間を、このように振り返った。

今後、男性は控訴して争い続けることもできる。しかし、遺族らは「控訴しないで」と呼びかけた。

●「アクセルを踏み続けた」と認められた

2020年10月から始まった公判の主な争点は「過失=操作ミス」の有無だった。検察側は、男性がアクセルとブレーキを踏み間違える過失があったと主張した。一方、男性側は、踏み間違えを否定し、車に異常があったとして無罪を主張し続けてきた。

判決は、車には異常がなく、男性がアクセルを踏み続けたと結論づけ、過失を認定した。

また、量刑の理由においても、亡くなった母子と遺族に寄り添った。

〈事故により松永真菜と松永莉子の母子二人の尊い命が失われた。事故の際に二人が感じたであろう驚愕や恐怖等の精神的苦痛と身体的苦痛は我々の想像を絶するものであったと思われる。二人は、本件事故により突如として将来への希望や期待を断たれ、愛する家族と永遠に別れなければならなかったものであり、その無念は察するに余りある。

遺族である松永拓也は、愛する妻と娘を同時に失い、同じく上原義教も、娘と孫を同時に失ったもので、その悲しみは非常に深く、その喪失感はいまだに全く埋められていない。松永真菜のきょうだいや松永莉子の父方の祖父母も同様である〉(判決要旨から)

●「禁錮5年」量刑には複雑な思いも

判決に救われる気持ちになったと、松永さんは感謝を口にする。

「検察側が主張していた事実認定はすべて認められ、弁護側、被告人側の主張は一切受け入られなかった形となりました。特に『尊い命がなくなり』など配慮の言葉を述べていただいた。そこから私は涙が出てしまった」

だからといって、家族の命が戻ることはなく、虚しさもあったというが、「遺族がこの先、少しでも前を向いて、生きていくきっかけにはなりえる。被告人質問など裁判はつらかったけど、被害者参加制度を利用して本当によかった」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング