1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「波物語とフジロックを一緒にしないで」イベンターが語る「プロ意識と信頼関係」

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月18日 9時43分

写真

関連画像

新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底せず、クラスターを発生させた愛知県常滑市の野外フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)」。入場者を大幅に増やしたうえ、酒類の提供、ノーマスクの放置、アフターパーティーの開催などの結果、9月12日現在、44人の感染者が確認されている。

主催した名古屋市のイベント会社は、フェスの公式サイトでの謝罪文掲載を最後に雲隠れ状態。愛知県の大村秀章知事は「大変罪深い事案」「悪質な業者」と強く非難している。

だが、誰よりも怒り心頭なのは、考えうる限りの対策を行い、安心安全なイベント開催へ向けて精力を注ぐ各地のイベント関係者たちではないか。コロナ禍での経済、社会活動のあり方が問われる今、イベント開催の是非も問われている。(執筆家・山田準)

●「波物語は、地域やイベント業界を裏切った」

40年以上もイベント業界に身を置いてきたイベンターの高津誠氏(64歳、仮名)は、「波物語」に憤りを隠せない。

「イベント開催において最も重要なことの一つは、行政との信頼関係。あのイベント(波物語)は行政との信頼を裏切っただけでなく、安全な運営へ向け、日々汗を流している多くの皆さんの努力を踏みにじった。断じて許せない」

高津氏は音楽フェスからスポーツ、文化イベント、花火大会など、イベンターとして多くのイベントを手掛けてきた。自身の苦い経験も踏まえ、イベント運営の肝、意義を以下のように語る。

「本来、イベントの大きな役割は町おこし。自治体や警察など地域の皆さんと、主催者との信頼関係があって初めて成り立つもので、その結果として、お客さんに満足いただけるイベントが開催できる。『(イベントを)やってくれてありがとう』『やらせていただいてありがとう』という、地域と主催者のWin-Winの関係こそが基本の姿。

今回の野外フェス(波物語)は、行政との信頼関係を裏切っただけでなく、お客さんや関係者の安全も軽視した。自分たちの経済的利益しか考えてない、と言われても仕方ない」

音楽系のイベント業界には、コンサートプロモーターズ協会など4団体があるが、そもそも「波物語」の主催者はどこにも加盟していない。

「コロナの感染対策から実際の運営、イベント後の後始末も含め、とてもプロのイベンターの仕事ではない。挙句に雲隠れとは……。地域や演者との信頼関係、そして来場者の安全を第一に考える多くのイベンターも同一視されてしまうのかと思うとつらい」(高津氏)

●決断が分かれた二大音楽フェス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング