1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

繰り返される「入管」死亡事件、「本来の収容のあり方」を問うシンポ開催 日弁連

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月22日 11時40分

写真

関連画像

入管での「死亡事件」はなぜ繰り返されるのか――。日本弁護士連合会(日弁連)は9月15日、あいつぐ法務省・入管の施設での死亡・傷害事件を検証するシンポジウムをオンラインで開催した。(ライター・碓氷連太郎)

●「違法な収容が、ウィシュマさんの死に結びついた」

このシンポには、名古屋入管の施設で亡くなったスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんの遺族も参加した。これまでに入管施設内で起きた複数の死亡・傷害事件について、映像や資料を交えての報告があった。

冒頭の基調講演では、ウィシュマさんの遺族代理人である駒井知会弁護士が、ウィシュマさんが進学率15%のスリランカで大学を卒業したのち、子どもたちに英語を教えていたこと、2017年に日本に留学したことなどに触れた。

ウィシュマさんは、日本に来てから同居した男性からDVを受けていた。

その際に「私彼氏から長い時間殴るもらって犬みたいでうちの中で怖くて待っていました」「彼氏に家賃とお金の半分あげるできなかったからもういらない言われた」(原文はローマ字)と書き残した。駒井弁護士は、このメモを取り上げて次のように述べた。

「そもそも(ウィシュマさんは)DVの被害者として、扱われるべきではなかったか。入管庁の内部通達に付属するDV事案に関する措置要領には、退去強制の手続きを続けるには原則として仮放免、身体を拘束しないかたちで進めるとある。

一緒に住んでいる彼から追い出されて、行く先がなかったとしても、シェルターや一時保護先に協力を求めて、収容するのではなく、保護して必要な手続きをとるべきだったのではないか。

しかし、名古屋入管の職員はそもそも、この措置要領を把握していなかった。名古屋入管の職員が内規を理解していたら、収容されなかったのではないか」(駒井弁護士)

さらに、駒井弁護士は、ウィシュマさんが入管施設内で体調不良となり、仮放免を申請したものの不許可となり、その後、命を落としたことについて、遺族とともに「収容には必要性、相当性がなかったのではないか」と違法な収容が死に結びついたと批判した。

●ウィシュマさん以外にも亡くなった人たちがいる

ウィシュマさんの死をきっかけに、その真相解明や入管庁の在り方をめぐるデモや抗議が国会前で続いていたが、入管で亡くなったのはウィシュマさんが初めてではない。

1997年から2021年までに、全国の入管施設内で21人もの収容者が、命を落としていることがわかっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング