1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

部屋を破壊し、暴言をはく「こどおじ」に居座られる母の苦悩「追い出す方法は…」

弁護士ドットコムニュース / 2021年10月22日 10時1分

写真

関連画像

大人になっても結婚せず、親の家(主に実家の子ども部屋)に住み続ける男性や女性について、ネットでは「子ども部屋おじさん(おばさん)」(略称:こどおじ/こどおば)と呼ばれています。

その実態について、弁護士ドットコムニュースがLINEで情報を募ったところ、息子に居座られて困っているという60代女性からの相談が寄せられました。

家賃や生活費を一切支払わないばかりか、暴力まで振るうといいます。親との同居に至った事情は人それぞれですが、同居生活に悩まされて、どうにか追い出したいと考える高齢親は一定数存在するようです。

今回は、実際に「子ども部屋」にずっと住み続けるケースではないですが、親の家に息子が居座っているという点で、類似事例といえるでしょう。こうしたトラブルで悩まないためのアドバイスを弁護士に聞きました。

●暴言にドア破壊まで、内弁慶の極み

会社員の60代女性内村さん(仮名)は、祖父母から相続した自宅で、30代の長男と20代の二男と暮らしています。離婚した元夫の家に住んでいた長男は、数年前に内村さんの持ち家に引っ越してきたそうです。

ところが、この長男は、仕事をしているのに、家賃や生活費を全く負担しないといいます。さらに、内村さんたちと会話を一切せず、「気に入らないと壁などに当たり、蹴ってドアなども壊されている」というのです。

「ゴミ屋敷」のような長男の部屋は不衛生で、内村さんは「私たちはストレスだらけで、出ていってほしいけど追い出せなくてどうしたらいいのか困っています」と頭を抱えています。

弁護士ドットコムの法律相談にも、内村さんと同じように「居座る息子」に悩む高齢親たちからの相談が届いています。

「息子は50歳になりますが未だに私の家に住み着き独り立ちしてくれません。私に黙って勝手にかなりの額(の年金)を引き出しています。しまいには暴言を吐く始末です。法律的に追い出す方法はないものでしょうか?」(70代の親Aさん)

さて、親の思いをよそに、勝手に居座る息子や娘を法的に追い出す方法はあるのでしょうか。平野由梨弁護士に聞きました。

●扶養する必要性はない

——働いている成人の子について、親は扶養などの義務を負っているのでしょうか

まず、子が働いているかどうかは別として、法律上、親子間では、互いに扶養義務があるとされています(民法877条1項)。ただ、常に扶養を求められるということではなく、一方が扶養を必要とする場合に、他方が可能な状態にあれば、扶養を求めていけるということになります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング