1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

元不良たちに「カレーのおばさん」と慕われて 「名物保護司」中澤照子さん、20年の歩み

弁護士ドットコムニュース / 2021年10月26日 8時22分

写真

関連画像

「カレーのおばさん」と呼ばれ、地域の人々に親しまれる元・名物保護司の中澤照子さん(80歳)。更生保護活動で優れた功績のあった組織・個人に贈られる、令和3年度の「瀬戸山賞」を受賞した。

中澤さんは1998年から約20年間にわたって保護司を務め、120名超の保護観察対象者と向き合ってきた。名物保護司と呼ばれるゆえんのひとつに、「更生カレー」がある。面談では対象者を自宅に招き、手作りカレーを振る舞いながら話を聞いた。外部の面談スペースを使うこともできるが、「あなたを受け入れますよ」と対象者に伝えるため、自宅にこだわったのだ。

そのカレーが対象者の間で評判になり、保護観察期間が終わっても食べに来る人がしばしば。中澤さんは嫌な顔ひとつせず、「君たち、何回食べたら更生するんだよ」と受け入れてきたという。

やがて「カレー会」という集まりを定期的に開くように。法務省の職員や保護司、地域の人々、元対象者、ボランティアの学生など、多い時には400人が集まり、みんなでカレーを食べながら交流した。

いつしかカレーは「更生カレー」、中澤さんは「カレーのおばさん」と呼ばれるようになった。

定年で保護司を引退した後は、地元の東京・江東区辰巳に「カフェ ラララ」をオープン。カレー会と同様に、“良い子も普通の子もちょっと悪い子も”気軽に集まり、交流できる居場所として地域に根付いている。

筆者は、瀬戸山賞の授賞式(10月21日)で、そんな中澤さんにインタビューし、保護司としての20年間を振り返ってもらった。(ジャーナリスト・肥沼和之)

●「やるっきゃないかな」という思いでスタート

――瀬戸山賞を受賞した気持ちをお聞かせください。

保護司活動をスタートして最初に法務省に行ったとき、「大変なことを引き受けたな」という思いで、この大きな建物に押しつぶされそうな気がしました。

けれど、すぐに「やるっきゃないかな」と、挑戦的な言葉が自然と出てきたのを覚えています。長い間お力添えくださった法務省の職員の皆様など、いろいろな人の思いが詰まった賞をいただけて、素直にうれしいです。きっと、元対象者たちも喜んでくれると思います。

――約20年間、どんな思いで保護司活動を続けてきたのでしょう?

辛い顔をしている人を見ると、私も辛くなるんです。黙って通り過ぎてしまうと、どうして何もしなかったのか、となお辛くなる。だから声がけしたり、手助けしたりすることで、一時でも笑顔になってもらえれば、私も笑顔になれるんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング