1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

都会にやってきたサル、捕まえてもいいの? 東京都と環境省の見解は

弁護士ドットコムニュース / 2021年11月4日 16時7分

写真

関連画像

サルに遭遇したら、どうするのが正解なのか。

11月に入ってから、東京都心を縦横無尽に走りまわる猿が話題になっている。1日から、目黒区、新宿区、世田谷区、北区…テレビのワイドショーはここ数日、猿の行方を追いかけ、ネットでも目撃情報が多数報告されている。

都は現在、実害がない限り、捕獲や駆除はしない方針だという。

四国出身の都内男性はこの方針に「捕獲しないの?と言っている人がいて、逆にびっくりしました」と話す。男性が生まれ育った土地では、集落に降りてくる猿は見慣れたもので、農作物を荒らすことがない限り、見守るのが普通だったという。ただし「いざとなれば捕獲をします」とさも当然のように話す。

●東京都「現時点では、サル駆除の許可は出せない」

しかし、都心では猟友会が出てくるのは難しいだろう。もし仮に、一般人がサルにケガを負わせたり、駆除・捕獲したりした場合、法的には問題になるのだろうか。

東京都の担当者は、「サルは野生鳥獣です。捕まえるには鳥獣保護法(鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律)にもとづき、都に申請のうえ許可を得る必要があります。その際、ケガをさせられた、させられる可能性が高いといった理由や、畑を荒らされるなど有害鳥獣としての理由が必要です」

現在、そのような申請は出ていないという。仮に出されたとしても、「今であれば、許可は与えられない」という。

「現在出没中のサルは都内を移動するだけで、特に人や農作物に危害をくわえることもありません。市区町村や警察には『特に近づかず、遠くから見守るように』などと伝えてあります」

一方、サルから危害をくわえられそうになった場合、殴ってケガをさせたり、殺したりしまってもよいのかという質問には、「鳥獣保護法でそのような場合を想定していないため、答えられない」とした。

●「テレビクルーも追いかけて刺激しないで」

「サルには極力近づいたり触ったりせず、遠くから見守ってください。へたに追いかけたり、あみで捕まえようとすると、サルが興奮して逆襲して、怪我することがあります。

実際にはテレビのカメラが追いかけてしまうこともありますね。よい映像を撮りたい気持ちもわかりますが、遠くから撮るなど刺激しないようにお願いします」

環境省も「野生鳥獣の捕獲・駆除には基本的には許可が必要。捕まえたり、傷つけたりすることは違法です。近づかないでください」と呼びかける。

●住宅街を出歩く猿は全国に

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください