1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

愛知・中3男子の同級生殺害事件 逮捕された14歳を待ち受ける刑事手続とは?

弁護士ドットコムニュース / 2021年11月25日 11時58分

写真

関連画像

愛知県弥富市の公立中学で11月24日、中3の男子生徒が始業前、同級生に腹部を刺されて死亡した事件が大きく報じられている。NHKなどの報道によれば、刃物で刺した生徒は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕され、同25日には殺人容疑で送検された。

生徒の年齢はともに14歳であるためか、Twitterやネットニュースのコメント欄には「少年法をなくせ」などというコメントも投稿されている。

今回の事件に限らず、未成年の事件では少年法に対する批判が度々、話題になるが、14歳の少年が逮捕された後、実際にはどのような手続きが始まるのだろうか。(監修・澤井康生弁護士)

●少年が逮捕された後の手続き

14〜19歳の少年が警察に逮捕された場合、捜査段階では成人と同じく警察で取り調べを受けるが、原則として捜査機関から家庭裁判所に送致され、少年審判を受けることになる。

ただし、少年が十分改心するなど審判廷に呼び出す必要がないと判断された場合は、審判手続をしないで終了することもある。

家庭裁判所による少年審判が開かれる場合は原則非公開で、少年鑑別所による鑑別結果や、家庭環境等の調査結果、付添人による意見などを踏まえ、(1)処分しない、(2)児童相談所などへ送致する、(3)保護観察や少年院送致などの保護処分とする、(4)検察官へ送致する、といった決定をおこなう。

(4)が一般に「逆送」と呼ばれるもので、殺人などの重大事件について、刑事処分が相当であると判断された場合におこなわれる。犯罪行為時に16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させたことが疑われる事件の場合には、原則として逆送となる(少年法20条2項)。

検察官に逆送された場合、少年は原則として起訴され、その後の刑事手続は基本的に成人と同様だ。

もっとも、有罪とされた場合の刑罰は、成人に比べて緩和されるケースがあり、たとえば14歳以上18歳未満の少年は死刑にすることができず、死刑で処断すべきときは「無期刑」になる(少年法51条1項)。

また、無期刑の言い渡しを受けた少年については、「7年」を経過した後、仮釈放をすることができるとされており(少年法58条1項1号)、成人の場合の「10年」(刑法28条)に比べ緩和されている。

さらに、成人なら無期刑が選択されるような場合でも、14歳以上18歳未満の少年については10年~20年の有期刑とすることが可能となっている(少年法51条2項)。

●少年法改正で「原則逆送対象事件」が拡大

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください