「歴史的意義を有する判決」 ダンスクラブ「無罪判決」で弁護団長が声明(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年4月25日 17時42分

写真

関連画像

無許可で客にダンスを踊らせたとして、風営法違反(無許可営業)の罪で起訴された大阪の老舗クラブ「NOON」の元経営者・金光正年氏に対して、大阪地裁は4月25日、「無罪」の判決を出した。NOONで行われていたダンスは「性風俗秩序を乱すおそれのあるものとはいえない」として、同店が風営法の規制対象ではなかったと判断した。

判決を受けて、弁護団長の西川研一弁護士が「歴史的意義を有する」と声明を発表。風営法の規制対象を限定的にとらえた判決を高く評価した。そのうえで「判決を確定させるべき」として、検察に控訴しないよう求めた。

さらに、根本的な問題は「終戦直後の混乱期の価値観を引きずり、曖昧な根拠で人を罪に問う風営法の規定のいい加減さにある」として、風営法の規制撤廃を求めていく姿勢を打ち出した。西川弁護士は判決前、弁護士ドットコムのインタビューに対して、「無罪の可能性は十分ある」と答えていた。http://www.bengo4.com/topics/1344/

西川弁護士が事務所を通じて発表したコメントの全文は次のとおり。

●金光正年氏に対する無罪判決に関する弁護団声明

 本日、大阪地方裁判所第5刑事部は、無許可で風俗営業を営んだ罪で起訴された金光正年氏に対し、無罪の判決を言い渡した。私たち弁護団は、緻密な事実認定及び分析と、憲法の趣旨、時代や社会の変化を踏まえた規制趣旨の限定解釈により、健全な常識に則った結論を示した裁判所の判断を評価し、敬意を表する。

 この事件は、平成24年4月4日午後9時43分ころ、金光氏が、大阪市北区のクラブNOON(以下「NOON」という。)で、大阪府公安委員会の許可を得ず、「ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ飲食させる営業」を行ったとして、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)に基づき、無許可営業罪に問われたものである。摘発された当時、NOONでは、イギリスのロック・ミュージックをテーマとしたDJイベントが行われており、20人前後のお客さんが、フロアで音楽を楽しんでいた。そこに、あらかじめ店内に潜入していた捜査員十数名を含む警察官45名が強制捜査を行い、金光氏らNOONのスタッフ8人を逮捕したのである。

 金光氏と私たち弁護団は、NOONにおいて、性風俗秩序を乱すおそれのあるいかがわしいダンスをお客さんにさせたことはないとして、犯罪が成立しないことを主張した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング