日本で「社長」だった人がアメリカでは「CEO」 どこがどう違うの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年5月12日 15時1分

写真

関連画像

アメリカの大手自動車メーカー、フォード・モーターの新しい最高経営責任者(CEO)に、マーク・フィールズ氏が就任することが発表された。フイールズ氏は、1999年から2002年までマツダの社長を務めた経験がある、日本にゆかりのある人物だ。

「マツダの元社長がフォードのCEOへ」。新聞各紙はそのように報じているが、会社経営のトップという点では同じなのに、一方は「社長」で、もう一方は「CEO」。呼び名が異なっているのが、ちょっと気になる。そういえば、会社トップの呼称としては、「代表取締役」というのもあるが、どう違うのか。

「社長」と「CEO」と「代表取締役」。それぞれの名前があらわしている意味について、企業法務にくわしい今井俊裕弁護士に聞いた。

●それぞれの肩書きが持つ意味は?

「『社長』と『CEO』と『代表取締役』という3つの肩書きのなかで、会社法で定められているのは、『代表取締役』だけです。似てはいますが、厳密にいえばそれぞれ違う概念です」

今井弁護士はこのように説明する。それぞれ、どのようなものなのだろうか。

「そもそも株式会社とは、金は出すが経営の素人という『株主集団』が、経営のプロである『取締役』にがんばって業績を上げてもらい、最終的には株の配当や売却で儲けよう、というシステムです。

『代表取締役』は、取締役のなかで、その会社を代表する資格を持っている人です。代表資格を持つのは、多くの場合、取締役の一部、または一人だけですが、なかには取締役全員が代表取締役という会社もあります」

この代表取締役の役割は、会社を代表して契約をしたり、会社の業務を執行することだという。業務執行といえば、会社には「執行役」と呼ばれる地位を設けているところもある。

「日本にも、米国型の株式会社のように、取締役会が経営の大枠だけを決めて、個々の業務戦略や業務執行は『執行役』と呼ばれる人に任せている会社があります。

これは、経営の大枠の決定と業務執行を分離して、めまぐるしく変わる経営環境に迅速に対応していこう、という考え方に基づいた制度です。

米国の会社では執行役のうち、最高責任者をCEOと呼びます。これは、日本の法律にはない概念です」

●社長、会長、CEOは法律とは関係ない名称

つまり、日本の会社のCEOは、「会社が自主的にそのような名称を使用しているだけで、法律上の名称や地位ではない」ということだ。これは、「社長」や「会長」などの役職でも同じことだという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング