幼児を女性が「蹴り倒す」動画――渋谷駅で撮影された「児童虐待」衝撃の現場

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月17日 21時26分

写真

関連画像

人々がいきかう駅の構内。大泣きする小さな子どもを、保護者らしき女性が蹴り倒す――。そんなショッキングな動画がフェイスブックに投稿され、話題を呼んでいる。動画の「シェア」数は6月17日時点で、2万5000件を超えている。

動画を撮影・投稿した会社員の嘉瀬正貫さん(38)によると、「事件」が起きたのは今年3月1日(土曜日)の午前中。渋谷駅の改札付近で知人と待ち合わせをしていた嘉瀬さんは、突然聞こえてきた大きな怒鳴り声に、恐怖感を覚えたという。

●泣きさけぶ子どもは床にたたきつけられた

「泣きさけぶ子どもに向かって、母親らしき女性が『てめえ、なにしてんだよ。早く来いよ!』『ふざけんなよ、てめえ!』みたいに怒鳴っていました。私が『やめなさい』と声をかけても、女性はやめるどころか子どもを足蹴にし始めた。そこで、警告の意味も込めて、手持ちのスマホでムービーを撮影し始めたんです」

投稿された動画は、そのとき撮影されたものだ。

倒れ込んだ子どもを怒鳴りつけ、立ち上がらせたのもつかの間、女性は突然「ふざけんなよ!」と言いながら、足で子どもを蹴りつけた。頭から床にたたきつけられる子ども。ゴツンという鈍い音が駅構内に響いた。そこで、嘉瀬さんが「警察を呼ぶぞ!」「ビデオに撮ったぞ!」と叫ぶと、女性は子どもを抱えて足早に立ち去った。

動画にはここまでの場面が収められている。

●「割って入って止めるのは、リスクも感じた」

撮影しながら、嘉瀬さんはどんなことを考えていたのだろうか?

「しつけを否定するわけではないですが、あれは明らかに度を超えて、行きすぎでした。私は改札の外にいて、彼女らは中にいました。どうにか止めさせたいとは思いましたが、怒鳴っている女性がどんな人かも、何を持っているかも分からない。身体を張って割って入って止めることには、リスクも感じました。そのとき、そこまではできなかったですね」

そのまま警察に報告にいかなかったのだろうか?

「あの『動画』だけだと、女性や子どもがどこの誰かもわからないし、警察に行っても動いてもらうのは難しいと考えたんです」

●「動画が虐待防止につながってほしい」

嘉瀬さんは、動画を撮影した日に、フェイスブックに投稿した。しばらく大きな反応はなかったが、6月中旬になって変化が起きた。ソーシャルメディアを通じて、急に動画が広まり始めたのだ。

動画を見た人たちからは「警察へ行ったほうが良い」というアドバイスも寄せられた。それを受け、6月16日に、警察へ相談に行ったのだという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング