1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

交通事故に遭ったときに支払われる「保険金」が増える!? ルールはどう変わるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月21日 10時11分

そこで法務省は、今回の民法改正において、法定利率を年3%に引き下げることを検討しているのです。そうなればライプニッツ係数が計算し直され、その分だけ中間利息の控除率も低くなることが想定されます」

万が一、交通事故の被害に遭った場合に、より高い保険金が支払われる仕組みは、こうなっていたわけだ。

前島弁護士は「もっとも、保険金支払い額が増加した場合、保険料の引き上げなどのデメリットが生じる可能性も、課題として残されます」とつけ加えていた。

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
前島 申長(まえしま・のぶなが)弁護士
前島綜合法律事務所代表弁護士 大阪弁護士会所属
交通事故・労災事故などの一般民事事件、遺産分割・離婚問題などの家事事件を多く扱う。交通事故については、被害者側の損害賠償請求の他に加害者側の示談交渉・刑事弁護も扱う。
事務所名:前島綜合法律事務所
事務所URL:http://maeshima.lawer.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング