「スーパーマン」になることを期待されている? 日本の教員が「働きすぎ」になる理由

弁護士ドットコムニュース / 2014年7月9日 12時21分

写真

関連画像

日本の教員はよく働くのに、自己評価は低い。こんな調査結果が出たことが話題を呼んでいる。経済協力開発機構(OECD)が6月下旬に発表した、中学校教諭の勤務状況に関する調査結果によると、調査対象の34カ国・地域のうち、1週間の勤務時間は日本が最も長く、53.9時間だった。各国の平均勤務時間は38.3時間ということだから、日本はその1.4倍にあたる。

授業の時間は17.7時間。全体平均の19.3時間より短かったものの、部活動などの課外活動が7.7時間で平均2.1時間の3倍以上だった。また、事務作業の時間は5.5時間だったが、平均2.9時間の約2倍で、「授業以外」のことに時間をとられている実態が明らかになった。

また、自らの指導力に対する自己評価は他国よりも低い。「学級内の秩序を乱す行動を抑えられるか」の質問に対し、「非常によくできている」「かなりできている」の回答は計52.7%で、平均の87.0%よりも30ポイント以上低かった。

この調査結果をどう読み解けばいいのだろうか。また、「先生の働きすぎ」を改善するために、何が必要なのだろうか。教育問題にくわしい小池拓也弁護士に聞いた。

●教員に対する高い期待、自己評価の厳しさにつながる

小池弁護士は、長時間勤務の背景について解説する。

「勤務時間が長くなっているのは、日本の中学校教員が授業以外にも部活動や対外的な報告など多くの役割を期待され、これに応えようとしている姿の表れだと考えることができます。

アメリカの映画では大統領がスーパーマンであることを期待されたりしていますが、日本のドラマでは教員がスーパーマンであることを期待されているようにもみえます」

まるで「スーパーマン」のように様々な役割に応えた結果、長時間勤務になっているということのようだ。

「OECDの調査結果では『生徒が授業を妨害するため、多くの時間が失われてしまう』と答えた日本の教員の割合は9.3%(各国平均29.5%)で、34カ国・地域の中で最も少ないにもかかわらず、『学級内の秩序を乱す行動を抑えられるか』の質問に対する自己評価は低くなっています。教員に対する期待の高さが教員の自己評価の厳しさに反映されたものと見ることができます」

●「性善説」よりも「性悪説」が強くなっている

現在の教育政策の結果、「先生の働きすぎ」が生まれている面もあるのではないだろうか。

「はい、教育政策の影響も無視できません。よい教育を目指すためには、2つのアプローチがあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング