なぜ「ろくでなし子」さんは「女性器」をテーマにした作品をつくるのか?【動画あり】

弁護士ドットコムニュース / 2014年7月24日 19時34分

写真

関連画像

自らの女性器をスキャンし、3Dプリンターで出力するためのデータをつくって配布したとして、「わいせつ電磁的記録媒体頒布」の容疑で逮捕され、その後釈放された芸術家ろくでなし子さんが7月24日、東京・有楽町の外国特派員協会で海外メディア向けの記者会見を開いた。

集まった外国メディアの記者たちに対し、ろくでなし子さんは「活動の意図を一人でも多くの人に知ってもらいたい」と、なぜ女性器をテーマにした作品をつくっているのかについて、説明した。

●「作品と肉体は別もの」

「そもそも私は、自分の肉体から離れた造形物を『身体の一部』とみなしていません。石膏やシリコン作品についても、私の肉体をもとにした造形だったとしても、『肉体性を有するもの』とは考えていません。

『ここを触ると気持ちが良いんだろう』と、石膏作品を触ってみせる男性もいましたが、石膏をさわって気持ちが良くなれば、そんな楽なことはありません。そういった浅はかな男性の存在もまた、私の『まんこアート』の原動力となっていました」

このように述べたあと、ろくでなし子さんは、現在のマスメディアの状況に対する疑問を口にした。

「日本のメディアでは、『まんこ』と発言したり、表記することが不可能な状況です。

テレビでは、『まんこ』という言葉がノイズでかき消され、『まんこ』と発言した女性有名人たちが番組を下ろされるという事件も実際に起こっています。一方、『ちんこ』は、特に問題とならないのも、大きな疑問です。

紙媒体でも、『まんこ』は伏せ字を使って表記されることがほとんどです。そういった『女性器、わいせつ、隠してあたりまえ』という常識とその弊害について、あらためて疑問を提示するために、私は活動を続けてきました」

●女性器はあまりに身近なもの

「女性器は、女にとっては、生理、セックス、妊娠、出産と、自分の肉体の一部としてあまりにも身近なものです。

ところが、『わいせつ』という言葉によって、女性器がどこか遠い存在になっている。これはおかしいのではないか。そういった思いが私の根底にあります。

女性器はありのままでいいのではないかという考えが、私に『デコまん』やそのほかの作品類を作らせているのです」

この「デコまん」とは、ろくでなし子さんの作品で、女性器をかたどった石膏をデコレーションするシリーズのことだ。

「おかげさまで、女性の間で『デコまん』は大人気で、作りたいという女性からの声も多いです。女性は、性器と向き合う機会が非常に少なく、身体の一部なのに、ゆがんだイメージ持っている人も多いです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング