体調不良で会社を休みがちな「派遣社員」 契約打ち切りを止める方法はないか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月4日 11時1分

写真

関連画像

大阪市内で派遣社員として働いているKさん(30代・女性)は、今の職場に勤めて、もうすぐ2年になる。契約は3カ月単位だが、これまで順調に更新されてきた。勤務態度に問題はなく、遅刻や欠勤は一度もない。しかし最近、めまいや立ちくらみがひどく、会社を続けて休むことになってしまった。医者からは自律神経の乱れが原因だと診断された。

その後もKさんは体調がなかなか回復せず、薬を服用しながら通勤している。会社を休むこともしばしばあるそうだ。派遣社員につきものの、契約更新を確認するタイミングがまもなくやってくる。これまでは何気なく行われていた更新手続きだが、頻繁に仕事を休んでいることで、「更新がないかもしれない」と、Kさんは不安をつのらせている。

派遣先企業の社員ならば、その会社の休職制度を利用することもできるだろう。しかし、Kさんのように、派遣社員の場合はどうだろう。勤務態度や能力に問題がなくても、欠勤が原因で派遣契約を打ち切られてしまうのだろうか。派遣労働にくわしい今泉義竜弁護士に聞いた。

●派遣先の休職制度は使えない

「Kさんのような派遣社員が結んでいるのは、派遣元(いわゆる派遣会社)との雇用契約です。派遣社員は、派遣先と雇用契約を結んでいないため、派遣先で雇われた労働者向けの休職制度を使うことはできません」

このように今泉弁護士は説明する。

「Kさんが長期にわたって欠勤した場合、派遣先は、派遣会社との派遣契約を打ち切るか、Kさんのかわりの派遣社員を派遣会社から受け入れるでしょう。そうなってしまうと、派遣元は、Kさんとの雇用契約を打ち切る可能性が高いですね」

同じ職場で働きたいと願っても、認められないのだろうか?

「もし派遣社員であるKさんが、一定期間休職した上で、同じ派遣先の職場で働き続けたいと思っていたとしても、その願いを法的に実現するのは難しいのが現実です。これは、不安定雇用を合法化している『派遣制度そのもの』から生じる問題です」

会社と交渉する余地はないのだろうか?

「派遣元企業は、派遣労働者の雇用安定に必要な措置を講じて、福祉の増進を図るよう努めなければならないとされています(派遣法30条の3)。また、派遣先企業は、派遣契約を解除する場合、派遣労働者の雇用の安定を図るために、新たな就業機会の確保を図るなどの義務があります(派遣法29条の2)。こういった規定を活用して、派遣元、派遣先に対して、休職した上で復帰できるよう交渉するという手はあります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング