目が開かない!「まつ毛エクステ」健康被害・・・美容室に「お金を返して」といえる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月20日 19時25分

写真

関連画像

美を追求する女性たちの間で「まつ毛エクステンション(エクステ)」が人気だ。まつげ1本1本に対して、人工まつげを接着剤で装着することで、目をより大きくみせることができる。市販されている「つけまつ毛」を装着するよりも、自然な仕上がりになることから、満足している人も多い。

しかし、健康被害をうったえる人も多い。大学生のAさんは今年1月から2月にかけて、朝の支度の手間が省けるからと、ある美容室で施術を受けた。しかしグルー(専用接着剤)が肌に合わず、まぶたに付着して目が開けられなくなってしまった。さらに別の美容室で施術した際にもグルーが肌に合わず、まぶたが赤く腫れあがり、眼科に通院しなければならなくなったという。

Aさんは施術前に「グルーが肌に合わないこともある」と説明を受けていたので、しかたないとあきらめている様子だ。しかし、通院するような酷い状況になった場合、施術代の返還や通院費の請求ぐらいはできないのだろうか。南川麻由子弁護士に聞いた。

●国も「健康被害への注意」を呼びかけている

「デリケートなアイライン周辺に、接着剤という化学物質を使って施術するまつ毛エクステは、目や皮膚に健康被害が生じてしまうトラブルが後を絶たず、厚生労働省や消費者庁、国民生活センターなどが注意を呼びかけています。もし異常を感じたら、軽く考えずに、まずはお医者さんに相談しましょう」

南川弁護士はまず、このように切り出した。Aさんのように「被害」を受けている人が多数いるということであれば、なかには店の責任が問われるケースもありそうだが・・・。

「そうですね。施術をする店側は、顧客に対して、健康被害を生じさせないよう十分に注意して施術するという契約上の義務を負っていると言えます。

実際の施術の仕方や施術店側の事前説明の内容、健康被害の内容・程度にもよりますが、場合によっては、契約上の債務の不履行や不法行為を理由に、損害賠償請求をすることができると考えられます」

仮に、請求できる事例を考えるなら、どんな場合だろうか?

「たとえば、専門知識・技能を習得していない店員が、顧客の健康状態や体質等のヒアリングやリスクについての事前説明なしに施術をした結果、目の炎症・まぶた腫れや角膜損傷等の健康被害が生じたようなケースであれば、請求が可能でしょう」

店の責任については、店側の施術・説明内容を個別に検討する必要があるようだ。

●まつ毛エクステ施術には「美容師免許」が必要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング