夏目漱石や太宰治、著作権が切れた「文豪の小説」を勝手に編集しても問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2013年3月27日 13時52分

写真

関連画像

昨年末にアマゾンから「Kindle」が発売され、国内の電子書籍リーダーも出揃った感がある。それに加え、「Kindle ダイレクト・パブリッシング」や、ブログ感覚で電子書籍を販売できる「パブー」といったサービスも始まり、誰でも気軽に、電子書籍を出版できる時代になった。それは、誰でも作家になれるし、編集者にもなれる。もっといえば個人が出版社になれるということだ。

ところで、死後50年を経ると、作家の著作権は切れる。「夏目漱石」や「太宰治」といった文豪の作品を、電子書籍を販売している各ストアが、無料で「販売」できるのはこのためだ。ただ、誰でも電子書籍を出版できる時代だからといって、これらの作品を有償で販売したとして、炎上こそすれ、まず売れやしないだろう。

それならば、新たな視点から作品を「編集」してみたらどうか。著作権の切れた作家の短編作品を集めたアンソロジーを販売する。「それからの坊ちゃん ~赤シャツVS山嵐~」といったスピンオフ作品を創る。萌え系の挿絵をふんだんに使って、太宰治「女生徒」を編集する。これならば、有償であっても購入してくれる読者がいるかも知れない。

しかし、作家の著作権が切れたとはいえ、そこまでの改編が許されるのだろうか。著作権が切れたら、切ったり貼ったり、なんでもできるのだろうか。著作権の問題に詳しい、村瀬拓男弁護士に聞いてみた。

●著作者人格権は死後も侵害できない

「著作権は原則として作者の死後50年で切れますが、どのような利用でも許されるというわけではありません」

このように村瀬弁護士は述べる。具体的にはどういうことだろうか。

「死後50年という一定の期間で消滅するのは、著作権の中でも財産権的な権利です。ところが著作権には、人格権としての権利が定められており、人格権を害する行為は作者の生前はもちろんのこと、作者の死後も禁止されています」

では、古典の「改編」はすでに亡くなっている作者の人格権を侵害するということだろうか。

「『改編』との関係で問題となる人格権は『同一性保持権』と言われ、勝手に改変されない権利とされています。

文芸作品の場合、改変とは『書き換える』ことですので、作品を書き換えない限り、アンソロジーを編纂することは改変となりませんし、挿絵をたくさん入れても改変とはなりません。スピンオフも新しい作品を作ることですから同じです。

挿絵を作ることやスピンオフは元の作品から新しいものを作ることであり『翻案権』の行使であると考えられますが、これは財産権であり、著作権が切れていれば自由に行うことができます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング