AKB河西智美さん「写真集」 なぜ児童ポルノで立件されなかったのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年3月27日 18時23分

写真

関連画像

人気アイドルグループAKB48の河西智美さんの写真集が「児童ポルノにあたるのではないか」と指摘されて、発売中止になった問題。新聞報道によると、警視庁は児童ポルノ法違反の疑いがあるとして、写真集の発売元である講談社を捜査していたが、立件を見送る方針を固めたという。

問題となったのは、河西さんの上半身裸の胸の乳首周辺を、白人の少年が両手で後ろから覆っている写真。講談社は、この写真も掲載された河西さんのソロ写真集を2月に発売する予定だったが、インターネット上で「児童ポルノにあたるのでは?」と指摘されて騒動になり、結局、発売中止に追い込まれた。

報道によれば、講談社が写真集を発売中止にするなど写真の流通防止に努めたことが、立件見送りの一因だったという。しかし、今回の写真集は児童ポルノ法上、問題なかったのか。もし違法だったとしたら、なぜ立件されなかったのか。児童ポルノ法に詳しい奥村徹弁護士に聞いた。

●今回の写真は「児童ポルノ」にあたるのか?

まず、そもそも「児童ポルノ」とは、法律上、どういったものをさすのだろうか。この点について、奥村弁護士は次のように説明する。

「児童ポルノ法2条2項2号では、『他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって、性欲を興奮させ又は刺激するもの』を『児童ポルノ』としています(いわゆる『2号ポルノ』)。

この定義の中の『性器等』というのは、『性器、肛門又は乳首』をいいます(同法2条2項)。そして、『性器等を触る』というのは直接・間接を問いませんので、問題の写真では児童がタレントの乳首、すなわち『性器等を触っていることが明らかです」

では、今回の写真は「性欲を興奮させ又は刺激するもの」にあたるのだろうか。

この点について、奥村弁護士は「上半身が裸の妙齢の女性の胸を触っていれば、性的興奮を覚える人も多いと思われますので、『性欲を興奮させ又は刺激するもの』という要件も充たします」と述べる。

すなわち、問題の写真は「2号ポルノ」に該当するということだ。したがって、製造や販売にかかわった者には次のような犯罪が成立する可能性があるという。

「撮影・印刷・製本に関係した人は提供目的製造罪(同法7条5項、最高懲役5年)、販売に関係した人は児童ポルノ提供罪(7条4項、最高懲役5年)に問われる恐れがあります。また今回は実際に写真集の一部が店頭に並んでいますので、提供罪も既遂になっていると思われます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング