タレントが 不愉快な「モノマネ」 本人は芸人を訴えられるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年4月4日 14時21分

写真

関連画像

モノマネをされて、「おいしい」と喜ぶタレントもいるだろうが、もしそれが本人にとって不愉快なものであったらどうだろう。

AKBのモノマネでブレイク中の「キンタロー。」さんだが、出演当初は一部のAKBファンから大反発をくらっていた。「お尻を出しても嫌いにならないでください!」──週刊誌にスクープされた、前田敦子さんの泥酔騒動をネタにしたことも、当時反感を買った理由のひとつだろう。

近頃では、俳優の市原隼人さんが、モノマネ芸人に対して、「役者を馬鹿にしてなめてるとしか思えない」などと、ブログで嫌悪感を示している。もっとも、モノマネなんて、真似された本人が眉をひそめるくらい痛烈でなければ、面白くないのだが・・・。

モノマネされる側のタレント本人にとっては、とても不愉快で、自分のイメージを損ねると考えるときもあるだろう。その場合、タレントは、モノマネによって名誉を毀損されたなどとして、なんらかの賠償を請求することができるのだろうか。桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●「著作権法上は、損害賠償を請求することは難しい」

「モノマネ」とは、その名の通り、人の声やしぐさを真似する芸である。ということは、モノマネされたタレントからすれば、「その人固有の芸」を勝手に使われているようにも見えるだろう。これは、著作権を侵害しているとは言えないのだろうか。

「漫才のネタをまるごとマネしたりすれば、著作権侵害になり得るでしょうが、モノマネでよく使われるような短いフレーズ、瞬間芸の類(たぐい)は一般的には著作物とはいえないので、著作権侵害にあたらない場合が多いでしょう。

また、タレントは著作権法上は実演家と位置づけられ、『著作隣接権』の一つである実演家の権利が認められています。実演家の権利には、自分の実演を録音・録画する権利(録音・録画権)が含まれています。

しかし、モノマネはタレント本人の実演を録音・録画して利用しているわけではありませんので、侵害にはあたりません」

このように説明したうえで、桑野弁護士は「著作権法上は損害賠償を請求することは難しいと言わざるを得ません」と話す。

●あまりにも本人を誹謗中傷した「モノマネ」だと、損害賠償が認められることも

それではタレントが、「不愉快なモノマネ」に対して、なんらかの賠償を請求することができるないのだろうか。桑野弁護士は、有名人の氏名などが持つ経済的権益を本人が独占できる権利である「パブリシティ権」を引き合いに出す。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング