村上春樹の最新作100万部超え 「ネタバレ」はどこまでセーフか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年4月26日 21時31分

写真

関連画像

作家の村上春樹さんの最新作が4月12日の発売から7日で発行数100万部に達するという記録的な売れ行きをみせている。本のタイトルは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。発売以前からネット通販サイトのAmazonで、予約数が2万部を超えるなど、多くの人が待ち望んでいた作品だった。

発売当日には、深夜0時に販売を開始する書店もあり、購入してそのまま徹夜で読んだという人もいたようだ。読み終えると誰かに言いたくなるもので、ネット上には書評や感想が続々とアップされ、議論が盛り上がっている。

通常、書評には多少のあらすじなどが盛り込まれるが、最新作については最後まで読んだ人はそれほど多くない状況だろう。では、結末部分の重要な情報を明かす行為、つまり致命的な「ネタバレ」は法的に問題はないのであろうか。「ネタバレ」が違法となるようなケースはあるのか。大手出版社の元編集者という経歴を持つ村瀬拓男弁護士に聞いた。

●ネット上に書き込まれた「ネタバレ」は著作権を侵害する?

「ネタバレは、結末まで含めた中味の『ダイジェスト』と言えます」

このように指摘する村瀬弁護士はまず、「ネタバレ」が著作権に触れるかどうかについて説明する。

「たとえば、大人向けの小説を子供向けにリライトするような場合は、『翻案』にあたり、原作者の許諾が必要だと考えられます(著作権法27条)。もしネタバレを含むダイジェストが『翻案』に該当するならば、原作者の許諾なく行われるものとして著作権法違反となります。

しかし、ネット上でアップされるものには、翻案に該当するほどの表現や分量はないでしょう。『ネタ』というのは、言葉を変えれば『アイディア』です。そして著作権は『表現』を保護するものであって、『アイディア』を保護するものではないのです」

つまり、ネット掲示板などにダイジェスト的に書き込まれた程度の「ネタバレ」では、著作権法に触れないということだ。

次に、村瀬弁護士は刑法上の犯罪の成否についても説明を加える。

「よくある議論として、『器物損壊罪』(同法261条)の成否があります。結末がばらされてしまうと『モノの効用』が害されるという理屈ですね。ですが、ちょっと無理ではないかと思います。著作物の価値は結末のみにあるのではないからです」

●「ネタバレ」が民法上の不法行為にあたることも

では、「ネタバレ」は法的にまったく問題ないということだろうか。ネタバレされたファンは「やれやれ」と諦観するしかないのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング