司法試験1810人が合格 前年より239人減、合格率は22.6%

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月9日 17時13分

写真

関連画像

法務省は9月9日、2014年の司法試験合格者を発表した。昨年より239人少ない1810人が合格。合格率は22.6%(受験者数ベース)で、前年を4.2ポイント下回った。

法科大学院を修了しなくても受験資格を得られる「予備試験」を経由した受験者は163人が合格し、合格率は66.8%にのぼった。

合格率の上位ロースクール5校は京都大53.1%(合格者130人)、東大52.0%(158人)、一橋大47.1%(64人)、慶應大44.6%(150人)、大阪大40.1%(55人)。愛知学院大、神奈川大、島根大、姫路獨協大(廃止)は合格者ゼロだった。

(弁護士ドットコムニュース)

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング