セクハラやじ「問題が終わったと思われることが問題」塩村都議らが性差別なくす集会

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月18日 21時59分

写真

関連画像

「早く結婚したほうがいいんじゃないか」。東京都議会の塩村文夏議員に浴びせられた「セクハラやじ」は、日本中の大きな注目を集めた。あの騒動から3カ月が経った9月17日、「議会での性差別をなくすには 市民と議員の対話集会」と題したイベントが、都内で開かれた。

やじを受けたみんなの党Tokyoの塩村都議が当時の心境を告白したほか、2人の女性都議と1人の男性都議が登壇し、都議会の状況を報告しながら、市民ら数十人と、議会での性差別をなくすための方策を話し合った。

●野島発言で再認識「問題は解決していない」

集会では、その前日の9月16日に、野島善司都議が「結婚したらどうだ、と平場(プライベート)では僕だって言う」と発言したことが、話題にのぼった。

「がく然とした」。生活者ネットワークの西崎光子都議は、「野島発言」を聞いたときの驚きをこう語った。そして、「やじ問題の発生から数カ月たち、みなさんの関心がなくなってしまったのではないかと心配していた。しかし昨日の『事件』によって、まだまだ問題が解決していないことが、都民にも都議会にも、十分に認識されたと思う」と口調を強めた。

●「都議が都民の声を聞いていない」塩村議員が感じた絶望

塩村都議は、自身が受けた「セクハラやじ」について、「あのときは本当に信じられない気持ちだった」と振り返った。

そして、「晩婚・晩産は東京で進んでおり、まさに都民の問題。であるにもかかわらず、都議会議員がそのようなことを否定するのは、都民の声に耳を傾けていない証拠だという絶望感に襲われた」と当時の心境を語った。

塩村議員は「犯人さがし」を断念したあと、前を向いて「どのように再発を防止するか」を考える方向に、気持ちをシフトしたという。しかし、実際には野島発言でも垣間見えたように、現実は解決にほど遠い状態だとして、「このような問題が終わったと思われることが問題」「まだまだ都民の皆さんの信頼を回復できていない状況。問題解決に取り組み続けたい」と話した。

●解決には「男性」と「市民」の協力が必要

集会では、具体的にどんな「アクション」をするかについても活発な議論があった。

塩村議員は「男性側の協力がなければ問題は変わらない」とし、「男性議員に対するセミナーや勉強会は絶対に必要。私自身、勉強会に参加することで議会におけるやじ問題の深さを理解できた」と強調した。

共産党のかち佳代子議員は、都議会では性差別的な「やじ」がいまでもあると指摘し、「都議会の記録では、マイクを通じた声しかひろわない」「『やじも録音しているぞ』という状況を作ることが、あの野獣のような環境を変える力になる」と指摘した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング