「こんな注文はしていない」 認知症の客が料金の支払いを「拒否」したらどうなる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月26日 10時47分

写真

関連画像

注文に応じて庭木をきれいに手入れしたのに、依頼主から「頼んでいない」と言われたら、庭師はどうすればいいのだろうか・・・。神奈川県で造園業を営むTさんは、得意先のお年寄りから、久しぶりに庭の手入れの依頼を受けた。庭木の手入れに加え、壊れた門を直してほしいということだった。

ところが、作業を終えたTさんが料金として30万を請求したところ、お年寄りは急に「そんな注文はしていない」と支払いを拒否してきた。周囲に聞いたところ、どうやらそのお年寄りは認知症を患っているらしい。

Tさんは、「庭で剪定作業していたときは、何も言ってこなかったのに・・・」と、やるせない思いを抱えている。こんなとき、業者はどう対応すればよいのだろうか。山下茂弁護士に話を聞いた。

●依頼主との「契約」が有効かどうか

「現実的な対応としてはまず、その方の家族に相談しましょう。たいていは、法律問題になる前に、ご家族が支払うことが多いと思います

しかし、もし話が長引きそうなときは、手入れした状態を写真撮影するなど、作業の証拠を残しておきましょう」

このように山下弁護士はアドバイスするが、もし素直に払ってもらえなかったら、法律的にはどうなるのだろうか?

「今回のケースでは、依頼主と造園業を営むTさんとの間に、庭木の手入れと壊れた門の修理を内容とする『請負契約』がなされたものと考えられます。

Tさんが依頼主に代金を請求できるかどうかのポイントは、この請負契約が『有効』なのかどうかです」

●依頼主に「意思能力」があったかどうか

契約が有効かどうかの判断は、どうやってするのだろうか?

「ポイントとなるのは、依頼主のお年寄りに『意思能力』があったかどうかです。

この『意思能力』は専門的な用語で、『行為の結果を判断するに足りるだけの精神的能力』のことだと考えられています。

契約を結んだときに、意思能力があったと認められれば、契約は有効になります。逆に意思能力がなければ、契約は無効となります。無効の場合は、請負代金の請求ができなくなります」

意思能力があるかないかは、どうやって判断されるのだろうか?

「そこはケースバイケースです。実際のところ、認知症の人の判断能力はさまざまで、意思能力があるかどうかの判断は困難です。

また、もし、依頼者が『成年後見人』のサポートを受けていたようなケースだと、契約が取り消されてしまうことも考えられます」

●タダ働きになってしまうのか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング