「すき家」6割の1167店舗で「深夜営業休止」 ワンオペ廃止、スタッフ確保できず

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月30日 15時5分

写真

関連画像

過酷な長時間勤務などが批判を集めている牛丼チェーン「すき家」の労働問題で、店舗を運営するゼンショーホールディングスは9月30日、来月から「ワンオペ」(深夜の1人勤務)を廃止し、スタッフを確保できなかった1167店舗で、0時から5時までの深夜営業を一時休止することを発表した。

ワンオペをめぐっては、1人ですべての業務に対応せざるをえない過酷さが問題視されてきた。労働問題改善のために同社が設置した第三者委員会が7月末が公表した報告書では、「ほとんど休憩を取れない」「トイレにもいけない」といった従業員の不満の声が取り上げられていた。さらに、ワンオペの店舗では、深夜の強盗も多発しているという実態があった。

こういった状況を踏まえ、ゼンショーホールディングスは8月上旬、深夜のワンオペを9月いっぱいで廃止し、10月から各店舗2人以上の体制にすることを発表していた。

10月1日現在の全店舗数は1981店で、このうち、24時間型でない店舗や、リニューアルで一時閉店中の店舗などを除き、これまで1843店で24時間営業が行われてきた。

24時間営業してきた1843店のうち、来月からは、24時間営業を継続する店舗は589店、曜日によって24時間営業する店舗が87店で、1167店が当面深夜営業を一時休止する。24時間営業をしてきた店舗のうち、63%の店舗が深夜休業することになる。

ゼンショーホールディングスのリリース文は以下の通り

●「すき家」の労働環境改善に向けた改革の進捗について

株式会社ゼンショー(代表取締役社長 興津龍太郎)および傘下で牛丼チェーン「すき家」を運営する(株)北日本すき家、(株)関東すき家、(株)東京すき家、(株)中部すき家、(株)関西すき家、(株)中四国すき家、(株)九州すき家の7社(以下、「すき家地域会社」)は、「すき家」店舗の労働環境改善に向けた改革について以下の通り現在の進捗状況をご報告します。

1.これまでの経緯

(株)ゼンショーでは、流通産業全体に及ぶ人手不足を背景に今年2月から3月にかけて「すき家」店舗の従業員の負担増が深刻化したことを重く受け止め、店舗の労働環境改善を経営の最重要課題に設定し、社内で対策を始めるのと同時に、外部有識者による第三者委員会を組織し、店舗や本部などへの調査をもとに労働環境改善に関する会社への提言をお願いしました。7月31日に同委員会の報告書を拝受し、その提言に基づき改善を急いでいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング