ノーベル物理学賞・中村修二教授は「日本人」か「アメリカ人」か――ネットで大騒動に

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月7日 23時16分

在アメリカ合衆国日本国大使館のサイトによると、「日本国籍を持つ米永住権(グリーンカード)保持者が、自らの意志で米市民権(U.S. CITIZENSHIP)を取得(帰化)した場合は、帰化の時点で日本国籍を喪失します」と説明している。つまり、中村教授が「米国の市民権」を取得しているのなら、日本国籍を喪失しているということになりそうだ。

日本の国籍法は、原則として二重国籍を認めていないため、外国の国籍を取得すれば、日本の国籍を喪失することになる。はたして、中村教授の場合はどうなのか。

中村教授の所属するカリフォルニア大サンタバーバラ校に電話をかけてみた。窓口として応対したアンドレア・エストラーダさんによると、「中村教授は、アメリカ市民(U.S. CITIZEN)です」という。しかし、中村教授の国籍がどうなったかについては「わかりません」ということだった。

今回のノーベル賞発表を受け、中村教授は日本時間の10月8日午前2時から、同校で記者会見する予定だという。そこでは、中村教授の「国籍」がどちらなのか、はっきり判明するのだろうか。もちろん、中村教授の業績の偉大さについて、国籍の違いは全く関係のないことだが・・・。

※10月8日午前1時15分追記

その後、日経新聞や毎日新聞が、中村教授を米国籍として報じた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング