「乃木坂46」松村沙友理さん不倫騒動――「既婚者」と知らなければ法的責任なし?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月9日 20時21分

写真

関連画像

アイドルグループ「乃木坂46」の松村沙友理さん(22)が路上で男性とキスをしている――。そんな写真が10月8日発売の週刊文春に掲載され、大きな話題となっている。相手の男性は出版社勤務の30代男性。妻子ある既婚者ということで、誌面には「不倫」という文字が躍っている。

週刊文春によると、写真が撮影されたのは9月17日午前3時のこと。2人は翌週・翌々週にもデートを重ね、新宿や銀座の高級カラオケのカップルルームで、深夜に4時間以上滞在していたという。

松村さんは10月8日、文化放送のラジオ番組に出演した際、今回の報道についてコメントした。男女の関係はなかったとしつつも、「相手のご家族に不快な思いをさせてしまい、本当に申しわけなく思っています」と謝罪した。ただ、「家庭があることを知りませんでした」と述べ、キスをした相手が結婚していたとは知らなかったと強調した。

たしかに、相手が「独身だ」と言っていれば、既婚者だとわからない場合もあるだろう。一般論として、相手が結婚していると知らなかった場合、法的な責任は生じないのだろうか。たとえば、不倫の慰謝料を請求されることはないのか。男女問題をめぐるトラブルにくわしい佐々木未緒弁護士に聞いた。

●一度も彼の家に行ったことがなければ過失アリ?

「もし不倫があった場合、慰謝料の請求は、民法の不法行為(709条)が根拠となります。その要件として、不倫相手に『故意または過失』があることが必要です」

佐々木弁護士はこのように述べる。既婚者と知らなかった場合は、「故意または過失」があったといえるのだろうか。

「相手が既婚者だと知らなかったということでしたら、あえて不倫をしたわけではないので、『故意』があったとはいえません。ポイントは、妻子がいることに気付かなかった点に、『過失』があったかどうかが焦点になります」

この場合の「過失」とは、具体的にはどんなことだろう?

「普通の人であれば『ん?』と思うような内容や出来事があった場合や、『それは、ちょっと気にすれば、気付けたんじゃないの?』と言えるような場合、『過失』が認められてしまいます。たとえば、次のような事情です。

・一度も彼の家に行ったことがない

・『行きたい』と言っても不自然に断られた

・自由に電話をすることができない

・日曜日やクリスマスや年末年始など、家族で過ごすことが多いときに会うことができなかった

・家族構成やこれまでの女性との交際経緯の説明が不自然だった

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング