山下智久さん「書類送検」 携帯を持ち去った疑いなのに、なぜ「器物損壊罪」なのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月21日 19時3分

写真

関連画像

人気アイドルの山下智久さん(29)が10月21日、警視庁に「器物損壊罪」の疑いで書類送検されたと報じられ、話題を呼んでいる。

朝日新聞によると、山下さんは6月25日午前1時ごろ、東京都・六本木の路上で20代女性から携帯電話を持ち去った疑いがもたれている。警察は、山下さんが路上で男性と口論になった際、その様子を女性が携帯電話で撮影しようとしたため、女性から携帯電話を取り上げ、持ち去ったとみているという。

一方で、書類送検の容疑は「器物損壊」だ。一般的に器物損壊といえば、「モノを壊す」というイメージがあるが、スポーツニッポンによると携帯電話は破損しておらず、山下さんの所属事務所の関係者によって警視庁に届けられ、持ち主の女性に返却されたという。

仮に朝日新聞が報じたように、山下さんが携帯電話を「持ち去った」のだとしたら、なぜ「窃盗罪」ではなく、「器物損壊罪」の容疑で書類送検されたのだろうか。刑事事件にくわしい冨本和男弁護士に聞いた。

●「使用できない状況」をつくれば器物損壊になる

「一般的な『壊す』というイメージと違うかもしれませんが、器物損壊罪における『損壊』とは、社会通念的にみて『物の効用を失わせる行為』を意味します。

携帯電話を持ち去られたら、持ち去られた人は携帯電話を使用することができなくなります。

少なくとも数日間、女性が携帯電話を使用できなかったということであれば、そうした状況を作り出した持ち去り行為が『物の効用を失わせた』と判断される可能性はあるでしょう」

冨本弁護士はこのように指摘した。

●「不法領得の意思」がないと、窃盗罪にはあたらない

ところで、他人の携帯電話を持ち去るという行為は、どちらかといえば、ものを壊すというより、ものを盗むというイメージに近い気がするが、「窃盗罪」にはならないのだろうか。

「『他人のモノを持ち去った』というと、モノを盗んだ、つまり『窃盗罪』にあたるのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、窃盗罪が成立するには、『盗んだモノを自分のために利用してやろう』という意思が必要だと考えられています。

つまり、携帯電話であれば、盗んだ携帯電話を自分で使ったり、売り払って代金を得たりしようと考えていた場合です

これを法律用語で『不法領得の意思』と呼び、それがなければ窃盗罪は成り立たないと考えられています」

今回のケースだと、どうなるだろうか。

「今回、報道されている事実によると、山下さんは、口論の様子を女性が撮影しようとしていたため、携帯電話を持ち去ったということです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング