新幹線の線路に「ふとんがふっとんだ」 布団の「持ち主」に責任はあるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月25日 13時46分

写真

関連画像

「ふとんがふっとんだ」だけでは済まなかった――。9月28日午後1時50分ごろ、兵庫県加古川市を走る山陽新幹線(西明石・姫路間)の線路上に、白い敷布団(長さ約2メートル、幅約1メートル)が落ちているのが見つかり、新幹線「のぞみ」(乗客約500人)が緊急停止することになった。報道によると、現場付近のマンション8階に住む男性から「(干していた)布団が飛んだ」と、110番通報があったという。のぞみは150メートル手前で止まったため事故にはならなかったが、結果的に上下線6本が最大19分遅れ、約3100人に影響した。もし線路に落ちたのが男性の布団だったとしたら、男性は新幹線を止めてしまったことについて、法的な責任を負うのだろうか。阿部泰典弁護士に聞いた。

●布団を干す人の「注意義務」

「マンションのベランダに布団を干す場合、布団が飛んだり落ちたりして第三者に危害を加えないようにする『注意義務』が、干す人にはあります。結果的に、マンションのベランダに干していた布団が飛んだということは、布団をベランダに固定する方法が甘かった可能性があります。もしそうだとすれば、男性は『注意義務を怠った』、つまり、男性には過失があるといわざるを得ません。その場合、鉄道会社に損害が生じていれば、男性はその損害を賠償しなくてはならないでしょう」

●どんな「損害」が生じたか?

損害が生じていれば・・・というのは、どういうことだろうか?「私が以前、依頼を受けた案件で、参考になる例があります。その依頼者は数年前、精神的にうつになり、線路内へ侵入して車両と接触事故を起こし、その結果、鉄道会社から損害賠償を請求されました。鉄道会社の請求書には、損害の項目として、『振替輸送費』、『人件費』、『営業損害費』、『車両損害費』、『施設損害費』、『事故手当て』、『雑費』、『運休費』が挙げられていました。私の依頼者は、そのうち『振替輸送費』と『人件費』を請求されました」鉄道会社の請求書のひな形があるということだろう。

●損害は「人件費」ぐらいだった?

それらの項目のなかで、今回のケースにあてはまるものはあるだろうか。「新幹線が19分遅れたということですが、それで振替輸送は考えにくいでしょうから、『振替輸送費』の損害は発生していないでしょう。また、新幹線は布団が落ちた場所の150メートル手前で緊急停止しているので、車両には影響ないでしょうから、『車両損害費』も生じていません。布団が落ちたのでは線路に損傷もないでしょうから、『施設損害費』も生じていません。強いて言えば、車両が遅れたことにより、職員に残業が生じるなどして、余計な人件費がかかっていた場合には、その『人件費』が損害となるでしょう」阿部弁護士はこのように分析していた。

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
阿部 泰典(あべ・やすのり)弁護士
平成7年4月 弁護士登録。平成14年4月 横浜パーク法律事務所開設。平成21年度 横浜弁護士会副会長。平成24年、25年度 横浜弁護士会法律相談センター運営委員会委員長、横浜弁護士会野球部監督
事務所名:横浜パーク法律事務所
事務所URL:http://www.yokohama-park-law.com/

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング