在日米軍「NHK受信料」支払い拒否 「本当にけしからん」と沖縄選出議員が怒りの声

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月27日 22時19分

写真

関連画像

沖縄などに駐留する在日米軍が、NHKの「受信料」の支払いを拒否している。受信料は「税金」だから日米地位協定に基づいて免除されるはずだ、というのが米軍の言い分だ。

しかし日本政府やNHKは、受信料が租税だとは考えておらず、米軍に支払いを求めている。沖縄選出の照屋寛徳・衆議院議員(社民党)は「米側が地位協定上、受信料は租税であるから支払い免除されてると主張し、依然として払ってないのは本当にけしからん」と憤りを見せている。

NHKの受信料といえば、最近は、支払いを拒否している人に対して裁判を起こしてでも徴収をはかるという「強硬姿勢」を、NHKがとっている。それに比べると、在日米軍が受信料を払っていないのは不当に思える。

その点について、照屋議員は、弁護士ドットコムの取材に対して「普天間基地周辺では電波障害でテレビがよく見えんのに、その支払いを滞納してる人にNHKは執拗な督促をしたりしている。本当にけしからん」と怒りのコメントを寄せた。

●米軍との会合も開催できず

この問題をめぐって、NHKは今年2月、在日米軍と米国大使館、外務省、総務省、NHKの5者による会合の開催を文書で求めた。しかし、半年以上たった10月になっても、5者会合は開かれていないという。

そのような状況について、照屋議員は「5者会談を申し入れても未だに開催されてない、いわば無視されてる。日本側の弱腰の結果として、国民と不平等不公平に地位協定上、特権免除を米側が得ている」と、日本側の姿勢にも問題があると指摘している。

在日米軍の「NHK受信料支払い拒否」をめぐる問題では、照屋議員が10月16日に質問主意書を提出し、政府が24日、回答した。

照屋議員の質問主意書の該当部分と、政府の答弁書の該当部分は、次のとおり。

●照屋氏の質問主意書(抜粋)

「NHKの福井敬理事は、本年三月二十八日の参議院総務委員会において、社民党又市征治議員による在日米軍基地内の軍人等のNHK受信料徴収に関する質問に対し、『平成二十六年二月に文書によりまして、在日米軍、それから米国大使館、外務省、総務省、NHKの五者によります状況打開に向けた会合の開催を求めてございます。現在まだ回答は得られておりません』と答弁している。

かかる文書で求めた『状況打開に向けた会合』とは、いかなる目的、内容のものか、具体的に示されたい。また、当該文書提出から既に約八か月が経過しているが、同会合は持たれたか、開催日やその概要と併せて答えられたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング