「個人の人生を破滅させる国の主張はおかしい」 馬券課税訴訟を税理士はどう見る?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月2日 9時27分

写真

関連画像

外れ馬券は経費か――大阪府の男性が、「競馬で勝った分を大幅に上回る課税をされたのは違法」と主張して、国税局による課税処分の取り消しを求めていた行政訴訟で、大阪地裁は10月上旬、処分の一部を取り消す判決を下した。国側は判決を不服として大阪高裁に控訴した。

男性は市販の競売予想ソフトを改良し、2005年から2009年までの間に35億1000万円の馬券を購入。約36億6000万円の払戻金を得ていた。実質的に男性の手元に残った額は1億5000万円だったわけだ。ところが国税局は、経費として考えられるのは「当たり馬券の購入費」だけだとして、男性に8億1000万円を課税。男性が課税処分を不服として裁判を起こした。

大阪地裁の判決は、男性が毎週末に数百万円を使って様々な組み合わせの馬券を大量購入していたことから、一般的な馬券購入と異なる「営利目的の継続行為だった」と認定。「外れ馬券の購入費」についても必要経費とする考えを示した。

この大阪地裁の考え方を、税の専門家である税理士はどう見ているのか。阿久根寛宜税理士に聞いた。

●国の主張VS原告の主張

「まず、どこが争点となっていたのかを確認しましょう。所得税法では、『所得の区分』で税金の計算方法が違います。今回の裁判は、『区分が何であるか』を争っていたわけです」

国と原告はそれぞれどのような主張をしていたのだろうか。

「簡潔にいうと、国は、競馬や競輪の払戻金は『一時所得』にあたると主張していました。

一時所得とは、『営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労働の対価や物を売った対価としての性質を有しないもの』と所得税法で定義されています」

つまり、次の2点を満たせば、「一時所得」とみなされるわけだ。

(1)営利目的の継続的行為で得た所得ではない

(2)働いたり、何かを売った対価ではない

そうだとすれば、何だというのだろうか?

「一時所得について、経費として認定されるのは、『その収入を生じた原因の発生に伴い直接要した費用』に限られます。つまり、競馬でいうと、当たった馬券の購入費のみが経費で、外れ馬券はすべて経費にならないと、国側は主張したわけです」

では、原告である男性側の主張はどんなものだったのだろう。

「原告は、自分の馬券購入行為が『営利を目的とする継続的な行為』だから、一時所得ではなく、『雑所得』だと主張しました。

『雑所得』であれば、直接要した費用のみならず、業務上必要となった費用なども経費とすることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング