ゲイ弁護士・南和行さん「アップルのティム・クックは世界のために大きな決断をした」

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月31日 21時37分

写真

関連画像

「ゲイであることを誇りに思う」。米アップル社のティム・クックCEOがニュースサイト『Businessweek』に寄稿した文章で、自らがゲイだとカミングアウト(告白)した。そのニュースは瞬く間に世界を駆け巡った。

クック氏はマーティン・ルーサー・キング牧師の「人生における最も大事な問い掛けは『自分は他人のために何をしているか』だ」という言葉を引用しながら、なぜいま、ゲイだと告白したのかを丁寧に説明している。

このニュースは、日本で暮らすゲイの人たちに、どのように受け止められているのだろうか。ゲイであることをカミングアウトしている南和行弁護士に寄稿してもらった。

●10代の自分が聞いたら、どれだけ喜んだろうか

ティム・クック氏がカミングアウトしたことは、とても気持ちが明るくなるニュースでした。

僕自身、10代の頃、自分がゲイであることを誰にも言えないことに、大きな悩みと葛藤を抱えていました。

自分自身のことを語る上で、自分の将来の人生を描く中で、自分がゲイであるということはとても大切で、イメージの真ん中にあることなのに、家族にも友人にも言うことがないジレンマ。

もしもゲイだと知られたらどうなるのだろうという漠然とした不安。

そういったものは、けっきょく、自分がゲイであることへの否定的な気持ちへともつながりました。

そんな10代の自分が今ここにいて、世界中で多くの人に愛されるアップル社のCEOがゲイだということを知ったとしたら、どれだけ喜んだろうと思います。

●「私は同性愛者です」と言い続ける理由

僕は、ゲイであることをカミングアウトする弁護士です。パートナー男性も弁護士ということで「弁護士夫夫(ふうふ)」としてテレビなどでも取り上げてもらいました。

そうすると多くの人たちに言われます。「ゲイであることは否定しない。しかし、なぜそれをことさら公にして、不特定多数に知らせる必要があるのか。プライベートなことじゃないか」と。

たしかに多くの異性愛の男女がいちいち「私は異性愛者です」と公言しながら暮らしているのではありません。一部の同性愛者らだけが、ことさら「私は同性愛者です」と公言することは、おかしいと思う人もいるでしょう。

しかし公言しなければ、社会では当然に異性愛者として扱われてしまいます。

僕は、社会の当たり前に対して働きかけ続けなければならないと思うから、ただのしがない弁護士ですが、「私は同性愛者です」といちいち言い続けます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング