「未成年後見人」の祖母が孫の財産3800万円を横領――未成年後見人ってなに?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月4日 14時40分

写真

関連画像

母を交通事故で亡くした少女が、「未成年後見人」となった祖母に保険金を横領された。その原因は、宮崎家庭裁判所の監督が適切でなかったからだとして、少女側が国などに損害賠償を求めた。宮崎地裁は10月中旬、国に約2500万円の支払いを命じる判決を下した。

報道によると、少女は2007年、母親を交通事故で亡くした。少女は当時5歳で、祖母が「未成年後見人」に選ばれた。少女が受け取る保険金は、未成年後見人だった祖母の口座に入金されたが、そのうち約3800万円が祖母に横領されてしまった。その後、祖母は業務上横領罪で起訴され、懲役3年6月の有罪判決が確定したという。

裁判所は、少女の父親が「祖母は金にルーズ」と後見人の解任を申し立てていたことや、家裁側が祖母に通帳の写しや入金の報告を求めていなかったことを重視。「被害を防止する措置を怠ったと言わざるを得ない」と判断した。

この事件で問題となった「未成年後見人」とは、いったい何なのだろうか? どういった場合に未成年後見人が選任されるのだろうか。制度にくわしい山川典孝弁護士に聞いた。

●未成年後見人が必要になるのは?

「未成年後見人は、簡単にいうと、『親の代わりに子どもの面倒をみる人』です」

山川弁護士はこう切り出した。

「未成年後見人が選任されるパターンは、2つあります。ひとつめは、『親権者がいないとき』。これはたとえば、両親がともに亡くなった場合です」

もうひとつのパターンは何だろう?

「もうひとつは、親権者はいるのですが、その人が財産管理権をもっていない場合です」

どういうことだろうか?

「親権は、2つの権利にわけることができます。簡単にいうと、『子の成長のために監護・教育をする権利』(身上監護権)と、『子の財産を管理する権利』(財産管理権)です。

そして、子の財産管理が不適切だったりすると、親権を持っている人が、親権のうち財産管理権だけを失う場合があるのです(民法835条)。

こうした場合、未成年者の財産を管理する人が必要になり、未成年後見人が選任されるのです」

●未成年後見人は、裁判所が選ぶ

誰が未成年後見人になるのだろうか?

「未成年後見人を選ぶ方法は、2つあります。

ひとつは、『親権者』が遺言で未成年後見人を指定する方法です(民法839条)。

もうひとつは、『家庭裁判所』が未成年後見人を選任する方法です(民法840条)。

後者では、未成年者本人や、親族などの申立てに基づいて、家庭裁判所が相当と認める未成年後見人を選任します」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング