<美濃加茂市長事件>異例の「対質」尋問――贈賄側社長の証言は信用できるか

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月19日 20時42分

写真

関連画像

受託収賄罪などに問われている岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長に対する公判が11月19日、名古屋地裁で開かれ、「対質」という珍しい形式の証人尋問が行われた。弁護側の証人として贈賄側の浄水設備会社「水源」の中林正善社長が出廷したが、同時に、中林社長と留置場で隣の房にいたというO氏も法廷に招かれ、二人への証人尋問が並行して実施された。(ジャーナリスト/関口威人)

●パーテーションで囲まれた証言席

通常と異なり、証人席が2つ並べられた法廷。一方には、パーティションが「コ」の字型に立てられていた。O氏の入廷時はさらに蛇腹のつい立ても設けられ、傍聴席からの視線が完全にさえぎられた。中林社長は黒のスーツ姿で入廷。つい立てのない、検察寄りの証人席に座り、異例の公判が始まった。

弁護人から、今回の証人尋問に応じる気になった理由を問われたO氏は「本当は出たくなかったが、中林の話があまりにも作ったような内容で、市長をはめようとしているのではないかと思った。私の友人や知人も利用しようとしていたので、許せなかった」などと説明した。

O氏は今年4月上旬、今回の贈収賄とは関係ない別の事件で逮捕され、愛知県警中村署に留置されたとき、隣の房にいた中林社長と会話をするようになった。中林社長が家族への気遣いを見せていたこともあり、O氏は「腹を割って話せる仲」だと思った。しかし、中林社長は釈放されると韓国人相手の人材派遣業を始め、その会計を「O氏の内妻に任せたい」と言い始めたことなどから、徐々に不信感を抱くようになった。

中林社長は自らの罪についても、O氏に語っていた。それによると、中林社長は2000万円ほどの詐欺事件で逮捕され、他にも計4億円の詐欺を犯していたという。しかし、「贈収賄事件で藤井市長の名前を出せば、詐欺事件の立件はストップする」と何度か話していたのだと、O氏は証言した。

●「刑事も検事もだましているのではないか」

また、4月下旬に警察と検察から連日取り調べを受けていた中林社長が「人数が合わないと言われて、刑事に怒られた」「最初は2人で会ったと言ったが、新しい証拠が出てきて3人になった。もう1回調書の取り直しだ。疲れる」などと留置場で漏らしていたと、O氏は語った。これは10万円の現金授受があったとされる美濃加茂市内のファミリーレストランでの会食について、当初は「藤井市長と2人きりで会った」としていた中林社長が、後になって「同席者がいた」と供述を変えたことと符合する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング