児童ポルノ画像「リツイート」で書類送検 「なぜアウトなのか?」弁護士が解説

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月23日 12時30分

写真

関連画像

ツイッターに投稿された「児童ポルノ画像」をリツイート(転載)したとして、横浜市の男性と大阪府の男性が11月21日、児童ポルノ法違反(公然陳列)などの疑いで横浜地検に書類送検された。

報道によると、画像は横浜市の男性が今年3月、ツイッター上に投稿して、さらに別のアカウントでリツイートしたものだ。大阪府の男性は同月、この画像をリツイートし、不特定多数に見せた疑いが持たれている。また、同じ画像をリツイートした関東の中学生も、同法違反の非行事実で児童相談所に通告された。

ツイッターに投稿された児童ポルノ画像をリツイートした人が摘発されるのは、全国初とされている。報道を受けて、ネット上では「リツイートでアウトなのか」「投稿した人だけじゃないのか」といった声も見られる。今回のケースは、なぜアウトになってしまったのだろうか。児童ポルノ法にくわしい奥村徹弁護士に聞いた。

●ツイッターに「児童ポルノ画像」を投稿すると処罰される

「児童ポルノを、不特定または多数の者に提供したり、公然と陳列すると処罰されます(児童ポルノ法7条6項)。ここでいう『公然と陳列』とは、不特定または多数の者が閲覧できる状態に置くことです」

奥村弁護士はまず、このように解説する。ツイッターに「児童ポルノ画像」を投稿する行為も、処罰されるのだろうか。

「ツイッターに画像を投稿する場合、画像専用サーバにアップロードして、そのURLをメッセージ末尾に添付するという仕組みでおこなわれています。閲覧する端末には、メッセージとともに画像も表示されます。

このように画像を表示させることも『陳列』にあたるので、児童ポルノ画像をツイッターに投稿すると処罰されます」

●リツイートは「URLを配布する行為」とみなされる

問題になっているリツイートとは、ほかの誰かのツイートを転載(再投稿)することで、リツイートした人のフォロワーに元ツイートを共有できる機能だ。リツイートが繰り返されることで情報が拡散する。リツイートも「陳列」にあたるということだろうか。

「私も弁護人として参加した裁判のケースですが、『他人がサーバに置いた児童ポルノ画像のURLを一部改変した上で配布する行為は公然陳列にあたる』とされています(最高裁決定・平成24年7月9日)。つまり、URLを配布する行為も、画像をアップロードした者と同罪だ、というのが判例です。

今回のように『画像付きツイート』をリツイートした場合、画像のURLを含む元ツイートが再投稿されて、閲覧した人に『元ツイートに添付された画像』が表示されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング