「ネットゲームがやめられない」 青少年が陥る「ネトゲ依存症」の怖さとは?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月24日 8時41分

写真

関連画像

オンラインゲーム中毒を始めとする青少年のネット依存を考えるシンポジウムが11月23日、東京都庁で開かれた。インターネット依存症の治療に取り組む、国立病院機構・久里浜医療センター(神奈川県)の心理療法士・三原聡子さんは「ネット依存の青少年の多くは、深夜の2時、3時まで大興奮してネットをやり続けます。すると、あっという間に昼夜逆転の生活になり、朝起きられないために遅刻・欠席が続き、留年や退学をせざるを得なくなる子も多いです」と語った。

ネット依存を放置するわけにはいかない、そう主張する三原さんは「私が扱ったケースの中には、ネットに依存するあまり犯罪に至ったケースすらあります」と、次のような事例を紹介した。

●ネットカフェの無銭利用→少年院へ

18歳の少年A君は、中学生のころからオンラインゲームに熱中し、母親に注意されると、暴言を吐いたり暴力をふるうことがあった。サポート校に進学後、見かねた母親によって家のネット回線が切られ、スマホやパソコンを取り上げられると、A君はネットカフェに通うようになったという。

「A君は、ネットカフェの無銭利用を100回以上も繰り返しました。お金があっても無くても、家を出てネットカフェに行ってしまうので、お母さんが店に頼んで出入り禁止にしてもらったこともあります」

A君は、ネット依存症を克服するため、三原さんのセンターを受診した。しかし初めてセンターを訪れた直後、再びネットカフェを無銭利用。警察に逮捕されて、少年院に1年間、入ることになってしまった。

A君は出院後に3回ほど、センターを受診したが、いまもネットカフェ通いは続いている。A君については、入院も視野に入れて治療の方針を検討しているところだと、三原さんは語った。

●1日12〜14時間ゲームに没頭

一方、深刻なネットゲーム依存から回復したケースもあるという。

「17歳の高校生B君は、小学校のころから水泳選手を目指してスイミングスクールに通い、クラスではリーダー的存在でした。中学2年生からオンラインゲームをやり始めましたが、そのころはリビングにある家族共用のパソコンを使っていたので、家族が寝る23時ごろになると、ゲームをやめていました」

ところがB君の状況は、高校進学を機に変わり始めた。

高校の水泳部の先輩との関係が悪くなり、1年生のゴールデンウィーク明けに退部した。バイトを始めたB君は毎月1〜3万円をゲームにつぎ込むようになり、高1の3月にはバイト代で自分専用のパソコンを購入した。この頃から、B君の生活リズムが崩れ始めたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング