「ブラックバイト」調査――4人に1人が「会社の都合で勝手にシフトを変えられる」

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月25日 18時6分

写真

関連画像

弁護士やNPO、労組でつくる「ブラック企業対策プロジェクト」は11月25日、厚労省で記者会見を開き、「ブラックバイト」についてのアンケート調査結果を公表した。

今回のアンケート調査は「ブラックバイト」を「学生であることを尊重されないアルバイト」と定義。アルバイト経験がある大学生2524人から回答を得た。

●多くの学生が「眠い」と回答

調査結果によると、4人に1人にあたる24.7%の学生が、現在行っているアルバイトにおいて、「会社の都合で勝手にシフトを変えられる」という経験をしていた。シフトに入りたくない時に入れと言われたことがある学生は34%いた。

法政大学の上西充子教授は「シフトが勝手に変更されるので、授業への出席やサークル活動が思い通りにできない、課題のための時間を取れないなど、いろいろなところで学生生活に支障が出ている。多くの学生が『眠い』と回答していた」と問題点を指摘した。

ほかに、労働条件を記載した書面を渡されていない、実際の労働条件が提示と違った、6時間勤務を超えても休憩がもらえなかったなど、何らかの「不当な扱い」を経験していた学生の比率が7割弱に及んだという。

回答のうち、3割弱の学生が週20時間以上のアルバイトをしており、月収の平均値は約5万1000円だった。

上西教授は「日本の労働者は、学生時代から劣悪な働き方に慣らされている」と指摘したうえで、「学生は、契約自体したことがない人が多い。『働く際には最初にちゃんと条件を確認する』という自衛策を教えることが重要だ」などと話していた。

(弁護士ドットコムニュース)

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング