ろくでなし子さんはいつまで「身体拘束」されるのか? わいせつ物陳列容疑で「逮捕」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月5日 13時25分

写真

関連画像

女性器をモチーフにした作品で知られる芸術家ろくでなし子さんと、作家でアダルトグッズショップを経営する北原みのりさんが12月3日に逮捕された。

ろくでなし子さんと北原さんは昨年から今年7月にかけて、女性器をかたどった作品を北原さんの経営する店舗に展示していた疑いがあるとして、わいせつ物公然陳列罪の容疑で逮捕された。

ろくでなし子さんについてはほかに、女性器をスキャンして作った3Dプリンタ用のデータを昨年10月に配布したり、そのデータが入ったCDを今年5月に配布したなどとして、わいせつ電磁的記録頒布などの容疑もかけられている。

ろくでなし子さんは今年7月にも、わいせつ電磁的記録の容疑で逮捕されたが、7日目に釈放されている。今回の逮捕についても、ネットでは「身柄を拘束する必要がない」として、すぐに釈放するよう求める署名活動が起きている。

今後、2人はいつまで身体を拘束される可能性があるのだろうか。刑事裁判の手続について、元裁判官の田沢剛弁護士に聞いた。

●逮捕後48時間以内に警察から検察へ

「刑事事件で逮捕されると、通常の場合、逮捕から72時間は警察・検察に身柄を拘束されることになります。

警察も検察も『留置の必要がない』と判断した場合には、直ちに被疑者を釈放しなければなりません。

一方で、警察が逮捕した被疑者を留置する必要があると判断したときは、48時間以内に被疑者の身柄を検察に送ることになります。

そして、身柄を受け取った検察が、留置の必要があると判断したときは、24時間以内に、被疑者の身柄をさらに継続して拘束する『勾留』を行うよう裁判官に請求します。

逮捕が12月3日の午前ですと、身柄送検のタイミングが12月5日午前まで。勾留請求が12月6日の午前まで、ということになります」

●起訴前の身体拘束は最大23日間

勾留が認められた場合、どうなるのだろうか?

「もし勾留請求が裁判官に認められ、裁判官が勾留状を発付した場合、被疑者は勾留を請求した日から10日間勾留されることになります。

10日が経過する際に、その後も勾留を続ける必要性があれば、検察官は勾留の延長を裁判官に請求します。そこで、裁判官が勾留延長の決定を出せば、勾留期間はさらに延長されます。

ごく一部の犯罪を除いて、延長できる期間は通算で10日ですので、勾留期間は最大で20日間となります。

つまり、被疑者は逮捕から勾留請求までの期間(最長72時間)と合わせて、最大で23日間、身体を拘束されることになります。ただ、勾留期間は請求された日の午前0時から起算になり、請求された日が1日とカウントされますので、必ずしも23日分まるまる拘束されるとは限りません。検察官は基本的に、この間に起訴するか・しないかを決めることになります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング