弁護士が描いたLINEスタンプ「欲望の裁判所」作者・中村真弁護士に「真意」を聞く

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月7日 12時44分

写真

関連画像

「スタンプ」という手軽なコミュニケーションのスタイルで、スマホユーザーの多くが愛用しているメッセージアプリ「LINE」。もともとは運営会社やスポンサー企業だけがスタンプを制作・配布することを許されていたが、今年4月から「一般開放」された。クリエイターズマーケットと呼ばれる場で、誰でも、自分が作ったスタンプを販売できるようになったのだ。

この「クリエイターズスタンプ」には、イラストレーターや芸能人から主婦、小学生まで、さまざまな人が参加しているが、そのなかには弁護士もいる。兵庫県神戸市を拠点に活動する中村真弁護士だ。そのスタンプのセットには「欲望の裁判所」というタイトルがつけられている。

そこに描かれているのは、法律家らしく、弁護士や検察官、裁判官といった人々。さらに、裁判所書記官や交通事故の当事者といった面々も登場する。そんなキャラクターたちが「異議あり!!」「あなたウソはいけませんよ」といった法廷ドラマに出てきそうな言葉を発しているのだ。

中村弁護士は、どんな気持ちでスタンプを作ったのか。その真意を聞いてみた。 (取材・構成/関田真也)

●司法修習生のとき、「裁判官の似顔絵」を描いていた

ーーふだんは弁護士として、どのような業務をしているのですか?

主に扱っているのは、交通事故事件や破産事件、企業法務案件などです。特に交通事故については、自分が所属していた事務所が依頼を受けていた関係から、10年以上にわたり一貫して取り組んでいます。

また、同期や先輩の弁護士らとともに暴力団の組事務所の使用禁止を求めた地域住民側の代理人となり、勝訴的な和解を勝ち取った事件を担当したこともあります。

ーー「弁護士がLINEスタンプを描いた」と聞くと、意外に思う人も多いかもしれません。

実は、小さいころから、マンガのキャラクターの絵を描いたりするのが好きだったんですね。一時期、絵を習っていたこともあります。

司法試験の合格後は司法研修所に入って、弁護士になるための実務的な修習を受けましたが、そこでも引き続き、絵を描いていました。

ーー司法研修所では、どのような絵を描いていたのでしょうか?

民事裁判の修習では、交通事件を扱う部に配属されたのですが、交通事故の案件では、被害者の体のどの部分の骨が折れているのか、それがどのように機能的問題につながるのかを正しく理解することが、賠償額を決める際に非常に重要になるんですね。事件の調査のなかで、骨の絵を描いて部位を確認するときに、イラストを活用していました。

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング