<京都不審死事件>被告人の女性が頼りにしていた「公正証書遺言」ってなに?

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月11日 15時8分

写真

関連画像

青酸化合物で夫を殺害したとして、京都府向日市の筧千佐子被告人(67歳)が12月10日、殺人罪で起訴された。本人は容疑を否認しているが、週刊誌やテレビでは、これまでの経歴などが大きく報じられている。

週刊朝日の報道によれば、結婚相談所や婚活サイトを通じて知り合った高齢の男性と結婚するものの、その後しばらくして男性が死亡し、遺産を相続するというパターンが繰り返されていたのだという。

その際、千佐子被告人が頼りにしていたのが「公正証書」だったそうだ。千佐子被告人は、逮捕前のテレビインタビューで公正証書の有用性について語っており、「公正証書遺言があれば、死んだ時点で、書いてあることが全部、国の力で奥さんにいく」などと話している。

そもそも「公正証書」とは、いったいなんだろうか。また、どのような効力があるのだろうか。三平聡史弁護士に聞いた。

●公正証書の遺言には「強い力」がある

「公正証書は、法律の専門家である『公証人』が法にのっとって作成し、公証役場で保管する『公文書』です。遺言なども公正証書で作成すると、公文書の扱いになります」

このように三平弁護士は述べる。

「遺言を公正証書で作成した場合、力を発揮するのは、遺言者が亡くなったときです。本人が遺言を保管した場所を知らさずに死亡した場合、遺族は家じゅうをひっかき回さなければなりません。

また、遺族が納得できないような内容だった場合でも、遺言が読まれている時点では『書いた本人』はすでに亡くなっており、説明しようがありません。しかし『公正証書遺言』ならば、公証人や証人が遺言者の意思をしっかり確認しています」

後々のトラブルを避けるために、遺言を公正証書にしておくと安心ということだ。

「公正証書には『執行力』といって、判決と同じような強い力があります。もし内容が守られなかった場合でも、公正証書があれば、裁判をしなくても強制執行ができるというメリットがあります」

遺言という観点から、そのほかにメリットといえることはあるのだろうか。

「たとえば、遺言の中で不動産の相続について書かれている場合、他の誰にも知られずにスムーズに相続手続きを進められるという点があるでしょう」

三平弁護士はこう述べる。どういうことだろうか。

●自筆の遺言は裁判所の「検認」が必要

「公証役場を通さずに自分で書いただけの遺言(自筆証書遺言)の場合は、発見されたら家庭裁判所で『検認』という手続きが必要です。相続人が見守る中、裁判官が開封して記載内容を確認します。『誰かが勝手に開封して偽造する』ということを防ぐためです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング