ゴルフは金持ちの娯楽だから二重課税も仕方ない?「ゴルフ場利用税」をどう考えるか

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月14日 11時0分

写真

関連画像

ゴルフ場を利用する際に負担する「ゴルフ場利用税」をご存じだろうか。ゴルフをする人以外はあまり知られていないかもしれないが、来年度の税制改正をめぐる議論の中で、この税金の見直し案が浮上している。

麻生太郎財務相は11月上旬の参議院予算委員会で「オリンピックの競技種目に復帰するゴルフに税金がかかるのはいかがなものか」「仮に来年10月に消費税が10%に引き上げるとしたら、(廃止するには)いいタイミングかなと思う」と見直し論を展開した。

ただ、税収減を懸念する地方自治体の反発を踏まえ、政府が廃止見送りの方針を固めたことが12月12日、産経新聞で報じられている。「ゴルフ場利用税」とは、どんな税なのだろうか。廃止すべきなのだろうか。阿久根寛宜税理士に聞いた。

●ゴルフをする人は「お金持ち」だから課税?

「ゴルフ場利用税は1950年、『娯楽施設利用税』としてパチンコ、麻雀、映画などとともに娯楽施設を利用する人に課される税金としてはじまりました。

その後、消費税が導入される際に、娯楽施設利用税は廃止されましたが、ゴルフ場利用税だけが名称を変えて存続しているのです」

阿久根税理士はこう切り出した。なぜ、ゴルフ場利用税だけがそのまま残ったのだろうか。

「ゴルフをする人はお金持ちで、税を負担する能力がある、と考えられたからです。つまり、ゴルフはほかと比べて『贅沢な娯楽』とされたのです」

では、どこに問題があるのだろうか。

「ゴルフ場利用税には、(1)二重課税(2)税の公平性という2つの問題があります。

まず(1)の二重課税から説明します。現在ゴルフ場を利用する際には、

(a)ゴルフをする場所の提供というサービスを消費することにかかる『消費税』

(b)ゴルフ場という娯楽施設の利用にかかる『ゴルフ場利用税』

という2つの税がかかっています。どちらもゴルフ場を使用する消費行為に税が課せられているわけなので、二重課税になっています。

しかし基本的な税金の考え方として、一つの経済的な行為に対して、二重に税が課せられることはあってはならないとされています。この点において、明らかに問題があります」

●「自治体は廃止論をポジティブに受け止めるべき」

(2)税の公平性についてはどうだろうか?

「少し難しいのですが、租税法には『租税公平主義』という基本原則があります。これは、『租税は国民一人ひとりの負担能力に応じて、公平に負担されるべき』というものです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング