最近トラブルが頻発している「バイナリーオプション」 どんなリスクがあるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月22日 14時7分

写真

関連画像

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者と『バイナリーオプション』の取引を始めたが、出金を求めても応じてもらえない」。最近、そんな相談が全国の消費生活センターに数多く寄せられるようになった。

バイナリーオプションとは、為替相場などが「上がるか下がるか」を予想する金融派生商品で、取引期間が終了したときに自分の予想が当たっていれば、一定額の金銭を受け取ることができるというものだ。

ネットでは、「一瞬で80万GET」「お金を簡単に稼げる」といった甘い言葉を記した広告サイトがいくつも作られていて、海外の業者のサイトへ誘導している。だが、国民生活センターによると、こうした海外業者とのバイナリーオプション取引でトラブルが頻発しているという。

いったいバイナリーオプションをめぐって、どんなトラブルが起きているのだろうか。また、取引をする場合、どんな点に注意すべきなのか。金融商品にくわしい桑原義浩弁護士に話を聞いた。

●「登録」されている業者かどうか確認すべき

「バイナリーオプションをめぐる問題は、海外の業者に関する相談が多いようです」

桑原弁護士はこのように切り出した。具体的には、どのような相談内容なのか?

「実際には利益が出ているのに利益分を返金してもらえない、といったことを聞いたことがありますね。

海外の業者であっても、日本で、日本の顧客のお金を預かってバイナリーオプション取引を行う場合には、金融商品取引業者としての『登録』が必要になります。

まず、この『登録』がなされているかどうかを確認することが重要でしょう。未登録の業者はリスクが高いので、取引をするべきではありません」

業者が、きちんと「登録」しているかを確認することは、取引をするうえで必須の条件といえそうだ。桑原弁護士によると、気をつける点はそれだけではないという。

「海外の業者の場合は、さらに注意が必要ですね。たとえ登録業者であっても、所在地が日本にないので、連絡を絶つことも簡単です。

初めのうちは連絡が取れていても、客に利益が出始めるとそのうちに連絡が取れなくなってしまうということもありえます。」

もしバイナリーオプション取引をするのであれば、国内の業者にした方が無難と言えそうだ。

●「ばくち」の性質が極めて強い

「バイナリーオプション取引は、金融派生商品ということで、一見すると投資するかのように思えます。しかし、その仕組みを簡単に言うと、特定の相場が上がるか下がるか、を予想するものです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング