「知らないうちに企業の広告に出ていた」 漫画家・東村アキコさんのブログが波紋

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月25日 17時45分

写真

関連画像

人気漫画家の東村アキコさんが12月中旬、「知らず知らずのうちに、自分が特定の企業の広告に出演していた」とブログで告白し、波紋を投げかけている。ネットメディアのインタビュー取材に応じたところ、あとでそれが「広告企画」だったと知って驚いた、というのだ。

●いつのまにかネットメディアの「広告企画」に・・・

ブログによると、東村さんは先日、ポップカルチャー情報サイト「ナタリー」とアルバイト情報サイト「an」のコラボ企画としてインタビューを受け、それがナタリーに掲載された。「教えてセンパイ~あの頃のバイト生活~東村アキコの場合」という記事だ。

東村さんはその記事の告知ツイートを見て、驚いた。いつのまにか自分の写真にanのロゴがあしらわれ「ポスターのようになっていた」からだ。違和感を抱いた東村さんがナタリーに問い合わせたところ、このインタビュー記事は、ナタリーがanから「50万円の対価」をうけて作る「広告企画」だったことが分かったのだという。

「コラボ企画、と言われていたけど、それはナタリーとanがコラボしてページを作る、というだけで、私がanの広告塔になるという話だとは思ってませんでした」と、東村さんはショックを隠せない様子だ。この件について、ナタリーからは「ご存じの上かと思っていました」という回答があったそうだが、「私、全然分かってなかったです」と記している。

「漫画の情報サイトが、漫画家使って、稼働させて、収入得るって…なんかおかしくないですか?」。東村さんはこう問いかけているが、こうしたトラブルは、弁護士の目にどう映るのだろうか。エンターテインメント業界の契約にくわしい太田純弁護士に聞いた。

●「合意があったかどうか」という問題

「今回のような広告は、一般に『記事広告』と呼ばれています。新聞・雑誌などの取材記事とよく似た体裁で編集された『広告』で、一見すると記事に見えるため、読者の注目を集めやすいという特徴があり、最近よく用いられています。

ただ、あくまで広告ですので、純粋な記事と異なり、ある程度、広告主側の意図を反映した構成が取られます。したがって、特定の広告主に影響を受ける場合には遠慮したかった、という東村さんの想いには、理解できる面があります。

消費者被害の事件などでは、『広告に出ていた人の責任』が議論されるケースもありますので、取材を受ける立場からすれば、自分が広告として使われるかどうかや、広告の内容・性質は重大な関心事といえるでしょう」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング