「絵日記を描いて耐え、意志を貫いた」ろくでなし子さんが語った「留置場生活」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月26日 23時27分

写真

関連画像

「私は絶対、わいせつだとは思っていません」。わいせつ電磁的記録送信などの罪で起訴された芸術家「ろくでなし子」さんは12月26日、保釈が認められ、約3週間ぶりに「外の空気」を味わった。その夜、東京都内にある弁護人の事務所で記者会見を開き、現在の思いや留置場での生活について語った。

「逮捕は2回目だったので、前回のように不安はなく、逆に怒りのほうが強かったです。(データや作品を)私は絶対、わいせつだとは思っていませんので、勾留がどんなに長引いても戦い続けるつもりでした。取り調べがすごく長時間続いて辛かったんですけれども、意志を貫いてきました」

ろくでなし子さんは逮捕以来、一貫して「わいせつではない」と供述しているが、会見でもあらためて「無罪」を主張した。

●「昨日言ったことと違うね」とチクチク責められた

会見では、12月3日の逮捕から保釈まで20日以上に及ぶ「勾留生活」の一端も明かされた。その間、一番辛かったのは、「長時間にわたる取り調べで、同じことを何度も何度も聞かれたこと」だという。

「今回は勾留がとても長く、ほとんど毎日のように警察が来たので、辛かったです。『何をどうした』という細かな事実関係は争っていないのに、それについて同じことを何度も何度も聞かれて、ほんのちょっとでも違うことを言うと『昨日言ったことと違うね』とチクチク責められました。

また、調書に自分が言ってないことを書かれないようにするのが大変でした。まるで私が言ったかのように書いてあるフォーマットを、勝手に作って持ってくるんです。その内容について、『こんなことは言っていません』と消したり、自分の言葉に直してもらったり・・・8割ぐらいは、それでした」

●5人部屋なのに「ボールペン」は1本だけ

そのような辛い勾留生活を、どうやって耐えていたのか。

「文章を書いたり、マンガを描いたりしていました。スケッチも描きました。ノートの半分ぐらいに、自分の中で印象深かったシーンを、絵日記みたいに・・・。それは、あらためて作品として、マンガにしたいと思います。

ただ、(7月に逮捕された際の)湾岸署にいたときは結構自由に書けたんですけれども、今回勾留されていた警視庁西が丘分室のやり方では、5人部屋の中にボールペンを1本しか入れられないんです。

5人が順番に書かないといけないので、ちゃんとやらないと、ケンカになるんですね。しかも、手紙を書ける時間は午前10時から午後3時までと、短い時間でした。私は午前も午後も取り調べをされていたので、なかなか時間が取れなくて、スキマの時間に必死で書いていました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング