「炎上」礒崎補佐官のハイペースなツイート続く 「法的安定性関係ない」発言も釈明

弁護士ドットコムニュース / 2015年7月30日 11時50分

写真

関連画像

安保法案をめぐり、「法的安定性は関係ない」と発言して批判を受けた礒崎陽輔首相補佐官が、ツイッターで積極的な発言を続けている。7月30日午前には、今回の「炎上」に触れて、「私の発言により御迷惑をお掛けしています。もとより、『法的安定性』を否定したものではなく、今日まで、自衛権は『必要最小限度』の範囲にとどまるべきという基準により法的安定性は保たれています」と釈明した。

さらに、「その具体的内容は、国際情勢の変化に伴い、その範囲内で変化するものであることを言ったものです」と述べた。

もともとは、7月26日の大分市での国政報告会で、「何を考えないといけないか。法的安定性は関係ない。わが国を守るために必要な措置かどうかを基準としなければいけない」と発言したことがきっかけだ。野党から「立憲主義を踏みにじる発言だ」などの批判が噴出し、自民党の谷垣禎一幹事長からも「極めて配慮の欠けたことだ」と苦言を呈されていた。

礒崎氏はツイッターで積極的な投稿を続けており、7月28日は55回、7月29日は27回のツイートをしている。7月30日も午前11時までに7回投稿している。安保法案に関する批判や疑問へのコメントが中心だ。なかには、「考え方を改めなければ、あなたの命を保証できません」とのツイートに対して、「明らかに刑法の脅迫罪に当たりますよ」と応じている場面もあった。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング