待機児童問題での「集団異議申し立て」 行政の「怠慢」を問うことはできるか

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 13時21分

写真

関連画像

保育所に入りたくても定員オーバーで入ることができない「待機児童」問題。自治体の認可保育所への入所を拒否された親たちが、集団で異議を申し立てる動きが拡大中だ。行政不服審査法にもとづく集団異議申し立ては今年2月以降、東京都杉並区や足立区、大田区、渋谷区などで相次いでいる。保育所の不足については以前から指摘があったが、その解消を求める動きが本格的に噴出してきたかっこうだ。

厚生労働省の発表によると、全国の待機児童は2012年4月時点で約2万5000人に及ぶ。実は認可保育所の定員は2005年に比べ、全国で約19万人増えている。しかし、保育所の利用率も同時に上がったため、待機児童の数は減っていない。むしろ2005年4月時点の約2万3000人から約1割増えてしまっているのだ。

そのような現状が、今回の集団異議申し立てにつながっているといえる。行政に対して声を上げた親たちは、いったい何を要求しているのだろうか。また、待機児童問題が解消しない状態が続いていることについて、自治体に対して「怠慢だ」と責任を問うことはできるのか。待機児童率が全国ワーストである沖縄の弁護士で、集団異議申し立てのサポートをするなど保育や待機児童の問題に取り組んでいる大井琢弁護士に聞いた。

●異議申し立てをすると、保育所に入れてもらえるケースもある

――今回の集団異議申し立てで、親たちは何を求めているのでしょうか?

「今回の異議申し立ての構図は、保育所の入所申し込みを拒絶された親が『うちの子を入れろ』と行政に要求しているという形です。個々人での異議申し立ては、件数は多くないものの以前から行われています。しかし集団での申し立てが各地で相次ぐという流れになったのは、今回が初めてでしょう」

――この異議申し立てには、どういった効果があるのですか?

「実態として、異議申し立てをすると入れてもらえるというケースは珍しくありません。自治体には待機児童をなくす責任がありますから、問題が大きくなる前に沈静化を図りたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

ただ、これは『裏技』的なやり方で、保育所の受け入れのパイが大きくなるわけではありません。自治体としては本来、保育所を増やして待機児童そのものをなくさなければならないはずです。今回の集団申し立ては、保育所数を増やすためのムーブメント的な要素も大きいと思います」

――待機児童の解消について、自治体に責任があるという根拠は何なのですか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング